QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

旋風止まらず(アメリカ大統領予備選、共和党はトランプ氏が7州で勝利) 
過去の時事ネタ(海外)  [ 2016/03/02 23:35 ]

未だ止まりません・・・

アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びのヤマ場、スーパーチューズデーは結果が出そろい、共和党では不動産王のトランプ氏が、民主党ではクリントン前国務長官が、それぞれ11州のうちの7つの州で勝利し、指名獲得に一歩近づきました。

via: トランプ氏とクリントン氏 7州で勝利 指名獲得に前進 NHKニュース

民主党はクリントン氏が順当に力の差を見せつつあることを示しましたが、共和党はトランプ氏の暴風が収まる気配なしのようです。年末年始頃は正直、「この時期には・・・」と思ってましたが、そろそろトランプ氏が最後まで勝ち残ることも想定すべきかも知れません。

トランプ旋風が暴風のごとく共和党を蹂躙しつつある背景は、共和党の支持層が高齢になり貧しくなったことがあるでしょう。そんな彼らにとって、自分たちの富と安全を脅かす存在と映る不法移民やイスラム教徒の排斥を過激に主張するトランプ氏は「希望の星」に映るのです。ともに劣勢に立つクルーズ氏を推す宗教派とルビオ氏を推す穏健派の支持者たちの高齢化と貧困化を甘く見たことが、今のトランプ旋風の現実でしょう。

今の段階で共和党予備選首位を独走していることが想定外なので、トランプ旋風が民主党をも飲み込む事態も否定できないかも知れませんが、国民の半数が左右の穏健派であることを考えると、このままだと共和党は議会選も危ないと言わざるをえないでしょう。狂ったバカの勢いがいつまでも続くはずないですから?

「民主党は喜んでる?」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメントありがとうございます。

今の状況だったら「対抗馬」が決まりそうにないので、しばらくはトランプ氏が決まる方向に進んでいくでしょう。

ま、本選は多数派である左右の穏健派がそっぽ向いてしまうので、語るまでもないでしょうが・・・
[ 2016/03/04 22:06 ] [ 編集 ]
こんにちは。

今回のスーパー・チューズデーは民主党がヒラリー・クリントン女史、共和党がドナルド・トランプ氏が勝利したけど、勢いが止まらぬどころかかえって強くなっているトランプ氏の旋風はどこまで行くのかと思うし、日増しに高まるトランプ氏への懸念、逆風が入り混じって複雑なものとなってます。

良識ある国民ならば過激なヘイトスピーチを展開してばかりのトランプ氏を選ばないだろうが、大衆の不満を利用して敵を作って大衆を煽り支持を集めるのは、いわゆる「ナチスの手口に学んだら」を地で行ってます。

トランプ氏どころか共和党にも吹いている逆風、こんな過激な人間が大統領候補にでもなればアメリカのイメージが余計悪くなるって懸念から反トランプ論調が高まってるのでは? って思います。

この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますのでぜひ見に来て下さいませ。→ http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-5389.html
[ 2016/03/03 15:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する