QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

弱くても勝つ(サッカーU23代表、アジアを制す) 
スポーツ(サッカー)  [ 2016/01/31 21:50 ]

もう「はざま世代」なんて言わせない。

サッカー男子の23歳以下の日本代表は、オリンピックアジア最終予選の決勝で韓国に3対2で逆転勝ちして優勝し、アジア王者としてリオデジャネイロ大会に臨むことになりました。

via: サッカーU23リオ五輪予選 日本が優勝 NHKニュース

内容的には、日本の理想とする強いサッカーは、最後まで見せませんでしたが、個人的には意外と日本のサッカーを変えてくれそうな感じのするチームではないかと期待させられます。

彼らのサッカーは、ボールをキープできず、敵の攻撃を凌ぎ続け、少ないチャンスに賭けるという、いわゆる「弱者のサッカー」ですが、逆にそこが彼らの「強さ」でしょう。それは良くない時の「A代表」と比較すれば理解できると思います。チャンスで手数をかけ過ぎて攻め切れない、敵の猛攻を凌げないっていうシーン、これまで何世代もの「A代表」が克服できない課題ですからね。

これまでの日本のサッカーの「課題」を克服して結果を出したことに光明を感じさせることについては評価すべきですが、全ての面で足らないことも事実でしょう。本番になると、押し込まれ続けたままで凌ぎ切れるほど甘い相手はいませんから。

「手倉森監督、かなりの名将かも」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する