QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

あまりにお粗末な辞任劇(甘利氏、現金授受で大臣辞任) 
過去の時事ネタ(政治)  [ 2016/01/28 23:09 ]

こちらは「センテンススプリング」から「ポジティブシンキング」と行かなかったようです。

甘利経済再生担当大臣は、事務所が建設会社から現金を提供されたなどと報じられたことを受けて記者会見し、建設会社の関係者からの政治献金を受け取っていたことを認めました。そのうえで、「閣僚としての責務、および政治家としての矜持(きょうじ)に鑑み、本日ここに閣僚の職を辞することにした」と述べ、今後の国会審議への影響などを考慮し、閣僚を辞任する意向を明らかにしました。

via: 甘利大臣 現金受け取り認め閣僚辞任を表明 NHKニュース

今日の朝刊までは続投と強気でしたが、やっぱりダメでした。
恥じることはしてないが、自らの矜持に反するというのが精一杯の抵抗だったのでしょう。周りに乗せられて、これ以上、往生際の悪いことしても、より自らに不利な状況に陥るだけだと判断したのでしょう。

今回の甘利氏の辞任劇で理解できないのは、こういう時の十八番である「返金」が最初から通用せず「詰んでいる」状態にも関わらず、今日の朝刊まで甘利氏続投を強気だったことです。一部のネトウヨの皆さんが「陰謀説」を宣っておられましたが、陰謀だろうが何だろうが、カネもらったらアウトなのです。不祥事に対するシビアさが足りないのが、今の安倍政権の慢心なのでしょう。絶対安定多数で新聞とテレビも事実上支配下に収めているとなれば、そうなるのも仕方がないのかも知れませんね。

これで兜の緒を締め直すか、以前のようにストレスで消耗するか、これからが安倍政権の本当の正念場ですね。経済情勢も国際情勢も、これから更に厳しくなりそうですし。

「これは『あまり』にも痛い・・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメントありがとうございます。
確かに、あっけない「けじめ」でしたなぁ〜
[ 2016/01/31 21:25 ] [ 編集 ]
こんにちは。

政治とカネの問題で騒がせた甘利経済再生相、それでも安倍総理に慰留されて続投したけど、最終的にケジメをつける形で辞任したって言うのは何ともあっけなさ過ぎる結末に取れます。

あっけない辞任に安倍総理としては当てが外れた感大ありだが、小渕優子などのケースを見ても分かるように、閣僚の不祥事でまたみるみるうちに支持率を落としかねませんが、内外に問題を抱えている以上、精神的にも肉体的にもキツい戦いを強いられることは間違いない。

この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますのでぜひ見に来て下さいませ。
[ 2016/01/29 14:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する