QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

実はどちらも(宜野湾市長選、現職が当選) 
過去の時事ネタ(政治)  [ 2016/01/25 23:00 ]

移転を進めたい政府側の勝利という結果になりましたが。

アメリカ軍普天間基地がある沖縄県宜野湾市の市長選挙は24日に投票が行われ、自民党と公明党が推薦する現職の佐喜真淳氏が、政府が進める名護市辺野古への移設計画に反対する新人を抑えて、2回目の当選を確実にしました。

via: 沖縄 宜野湾市長選 現職の佐喜真氏が当選確実 NHKニュース

ま、当然の結果でしょう。
普天間基地の移設は住民の祈願なので、政府側の推薦する現職以外の選択肢はないのです。もし逆の結果になったならば、普天間基地の移設は停滞という最悪の選択肢につながりますからね。基地の移設を推進してくれる候補が勝てばそれで良いのです。

沖縄県知事派にとっても、今回の結果は仕方がない結果だったのかも知れません。ここで勝っても負けても、普天間基地移設という目的に変わりはないので、次の戦略が変わるわけではないのです。沖縄県知事派としては、重要なことは普天間基地を県外に移設させることですからね。

移転させたい基地のところで停滞すると、混乱に拍車が掛かるようなものなので、今回の結果は双方にとって良かったのかも知れません。大事なのは「どこに移転するか」ですから。

「戦いは『辺野古の可否』だけにすべき」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する