QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

21年目の117(阪神・淡路大震災) 
雑記  [ 2016/01/17 21:45 ]

今年も「この日」が来ました。

6434人が亡くなり、3人が行方不明になった阪神・淡路大震災は17日、発生から丸21年となった。追悼行事は昨年より減少したものの、地震発生時刻の午前5時46分には各地で多くの人々が亡き人を、あの日からの歩みを思い、被災地は深い祈りに包まれた。

via: 神戸新聞NEXT|社会|阪神・淡路大震災から丸21年 各地で深い祈り

さすがにもういつも思い出すことはなくなりましたが、この日の前後になると、「あの日」の光景が目に浮かびます。今でもほとんど覚えていると思うのですが、「どんな気持ちだったか」っていうのはないんですよね。多分、当時も「なかった」んだと思います。一歩外に出ると、本当に想像を絶する光景しかなかったですから、感情の回路が切れていたんでしょう。

私が生きている間に起こるのは、もう勘弁して欲しいですが、117と311の「教訓」が避けられぬ災害に生かされるよう、私個人も、聞かれれば答えるように努力したいと思います。覚えていれば、少しは違うはずですから。

「大震災は語り継がねばならぬもの」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する