QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

In dubio pro reo(オウム裁判、菊池被告を逆転無罪) 
過去の時事ネタ(事件)  [ 2015/11/27 22:41 ]

何と言って良いのやら・・・

20年前に起きたオウム真理教による東京都庁の郵便物爆破事件で、殺人未遂のほう助の罪に問われた菊地直子元信者に、2審の東京高等裁判所は「テロ行為を認識して手助けしたと認めるには合理的な疑いが残る」として、1審の懲役5年の判決を取り消し無罪を言い渡しました。菊地元信者は27日夕方、釈放されました。
釈放されたのはオウム真理教の菊地直子元信者(43)で、午後5時すぎに、帽子をかぶってややうつむいた様子で弁護士などとタクシーに乗車して、東京拘置所を出ました。

via: オウム真理教の菊地直子元信者 2審で無罪 釈放 NHKニュース

典型的な「疑わしきは罰せず」の判決ですね。
心情的には理解しがたい面もありますが、関係者の「証言」による「状況証拠」の積み重ねしかないのが事実なので、この判決も仕方がないでしょう。裁判は「正義」に基づいて判決を出しているわけではないですからね。

おそらく検察は上告するでしょうが、20年前の事件であることを考えると、この判決を覆すだけのものを出すのは厳しいと思うので、最高裁でひっくり返る可能性は低いと言わざるをえないでしょう。もうオウム裁判の展開に影響が出るわけでもなさそうですし・・・

「よく考えると『逃げ損』だったかも?」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する