QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

もう遅過ぎる(中国、一人っ子政策を廃止) 
過去の「中朝韓」ニュース  [ 2015/10/29 22:36 ]

遅かりし由良之助ってやつですね。

中国で人口の増加を抑制するために30年以上行われてきたいわゆる「一人っ子政策」について、中国共産党は重要会議「5中全会」で、すべての夫婦が2人の子どもをもうけることを認めるとして廃止することを決定しました。

via: 中国 「一人っ子政策」の廃止決定 NHKニュース

この期に及んでやったところで、もう焼け石に水にもならないでしょう。あと10年早ければ何とかなったのかもしれないのでしょうが、その時期に気が付くくらいなら、最初からこんな愚策はしないでしょうからね。

廃止することで若年層を増やして経済成長の減速を弱めようという目論見なのでしょうが、残念ながら現実は甘くないでしょう。購買力アップを期待できる都市部の子育て世代は、経済的負担が重過ぎるので、2人目なんていう余力ないのが現実ですからね。逆に農村部は期待できるかも知れませんが、農村部の子供が増えても、経済力アップには貢献しないどころか重荷になりかねないのです。

「一人っ子政策」を知っている世代から見れば、確かに衝撃的なニュースですが、効果の程は期待できないでしょう。愚策なので、廃止するのは間違いではありませんが、都市部と農村部の格差を解消してやらないと、経済成長の減速は止まらないでしょうからね。

「中国、冗談抜きでヤバイかも・・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する