QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

言って言われて(シベリア抑留の手記の記憶遺産登録でロシアが批判) 
過去の時事ネタ(事件)  [ 2015/10/15 23:00 ]

ユネスコが南京大虐殺をめぐる資料をめぐって日本が激しい批判をしていますが、逆にこちらの方では・・・

ロシア政府のユネスコ=国連教育科学文化機関委員会の書記は、日本のいわゆるシベリア抑留などに関する資料の「記憶遺産」への登録について、「ユネスコに政治問題を持ち込んだ」などと述べ、登録を申請した日本を批判しました。

via: “シベリア抑留”の記憶遺産登録 ロシアが日本批判 NHKニュース

すぐに批判しなかったので、意外だと思っていましたが、やっぱり批判してきました。内容が違うと批判する人も多いかも知れませんが、関係のない「第3者」が見れば、日本の南京大虐殺の件に対する激しい批判と同じようなものですからね。事実関係よりも自分の国が歴史の加害者として扱われるのが嫌だということなのです。

別の見方をすると、今回のロシアの批判は日本にとっては本当に救われた形になったと思います。ロシアが日本を批判してくれたことで、日本だけが悪役になる事態を避けられたわけですからね。南京大虐殺を利用して日本を孤立させようと目論んだ中国の狙いは、ロシアの「歴史の加害者として残されたくない」という心理の前に崩れ去ったということでしょう。

ユネスコの「記憶遺産」の趣旨を否定するつもりはありませんが、登録については、もう少し考えるべきだと言わざるをえないでしょう。遺産にすることで憎悪と対立を再び煽るようでは、本来の意味がありませんから。

「予想された事態やね」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する