QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

強行、でも少し弱気(安保法案、与党、委員会強行採決) 
過去の時事ネタ(政治)  [ 2015/07/15 23:16 ]

いつかはすることだったんですけどね。

今の国会の最大の焦点となっている安全保障関連法案が衆議院の特別委員会で可決されたことを受けて、衆議院議院運営委員会の理事会で、自民党の林委員長は、16日に衆議院本会議を開き、法案の採決を行うことを職権で決めました。与党側は16日、法案の衆議院通過を図る方針ですが、民主党など野党5党は政府案の採決には応じない方針で一致するなど、与野党の攻防が激しくなっています。

via: 安保法案 衆院特別委で可決 与野党の攻防激化 NHKニュース

野党側がプラカードを持っていたので、国体レベルでは「強行採決」と言って差し支えないでしょう。プラカードは、与党が(強行採決の)泥を被って野党に「華」を持たせた「証」ですからね。

一部の大臣や、国体レベルはそうであっても、安倍首相の"この委員会で採決をするかということについては、これは委員会でお決めになることだ。"(※1)という発言は無責任極まりないでしょう。言うまでもありませんが、形上はそうであったとしても、最終的に決断するのは安倍首相なのです。衆議院の特別委員会程度で、それを貫けないようでは、この先、心配と言わざるをえないでしょう。

残念ながら、国民が安倍首相を理解することはないでしょう。そのストレスにいつまで耐えられるかが、今後の焦点かも知れません。基本的に打たれ弱い人ですから・・・

この記事の関連リンク
ハフィントンポスト『安保法案について安倍首相「国民の理解が進んでいないが、採決するかを決めるのは委員会」』(※1)

Amazonのベストセラー書籍

「今日からストレスとの戦いかも・・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ANAで行く国内・海外旅行

全国31店舗展開!BTOパソコンならドスパラへ!

シャープ いい暮らしストア

スポンサーサイト
コメントありがとうございます。

何があっても強行突破するつもりなのでしょうけど、世論に批判がもたらすストレスに安倍首相が耐えられるかどうかが心配です。あの人、前科がありますから・・・
[ 2015/07/21 22:50 ] [ 編集 ]
 こんにちは。

 野党の怒号が飛び交う中で強行採決となった安保法制、いくら国の今後の為とは言え、こんな強引なやり方では国民からかえっていい目で見られない感じもします。

 国民に充分な説明もない、理解も得てないで自分たちの独断だけで一方的に決めるのはいかがなものかと思うし、周りを見ようとせず自分たちの都合のいいようにことを進めるのは江川事件と全く同じ。

 今回の強行採決でかえって政府与党に対する世論の批判は避けられないが、世論からの反発が激しくなることでその批判に耐えられるんでしょうか? 安倍総理以下政府与党は。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますのでぜひ身に来て下さいませ。→ http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-4938.html
[ 2015/07/16 14:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する