QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

選択は「瀬戸際作戦」(ギリシャ国民投票、緊縮策を拒否) 
過去の時事ネタ(海外)  [ 2015/07/06 23:28 ]

どっちになってもおかしくないと思っていましたが・・・

ギリシャで、財政緊縮策の受け入れを争点に行われた国民投票は、緊縮策への反対が賛成を大きく上回りました。チプラス首相は勝利宣言し、今回の民意を後ろ盾にして、今後、EU=ヨーロッパ連合との金融支援を巡る交渉に臨みたいという考えを示しました。

via: ギリシャ国民投票 チプラス首相が勝利宣言 NHKニュース

ギリシャの有権者は、緊縮策で未来の見えぬEUの緊縮財政策よりも、少しでも有利な「譲歩策」を引き出そうとするチプラス首相の方針の方に共感を持ったということでしょう。
簡単に言ってしまえば、緊縮財政策にキレてヤケになったということですね。

ギリシャの現状は、ちょっとやちょっとではどうにもならんくらい惨状の割に経済規模が小さいので、EUとしては、ユーロから出て行ってもらっても結構なのですが、簡単にそうは行かないのが現実でしょう。表向きは「EUの結束にヒビが入る」ですが、現実は「出て行かれるのも困る」なのです。ギリシャがユーロから出て行くと、「不良債権」が亡くなったという理由でユーロの価値が上がるので、「ユーロ安」で美味しい思いをしているドイツには都合が良くないのです。チプラス首相が強気なのは、そこを上手く突けると踏んでいるという点もあるのでしょう。

基本的には、カネは借りたものが圧倒的に弱いですが、一転して開き直られると、これほど厄介ものはないでしょう。日本でも以前、「債権放棄」なんての流行りましたしね。
ただ、「ドラクマ」の輪転機はすでにないので、その辺りがEU側がギリシャの足下を見てる点でもあるんですが・・・

当ブログの関連記事
どちらも未来は「最悪」・・・(EUがギリシャに最後通告)

Amazonのベストセラー書籍

「しばらくはEU側の兵糧攻めか」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®を一年中楽しむなら年間スタジオ・パス!

ネット注文ならさらに5%OFF!!ドミノオンライン本店 【ドミノ・ピザ】

産地から『旬』をお届けします コメリ産直市場

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する