QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

人間の盲点(首相官邸屋上にセシウム搭載のドローン) 
過去の時事ネタ(事件)  [ 2015/04/22 22:49 ]

世界は狭いので、日本も時間の問題とは思っていましたが・・・

22日午前、総理大臣官邸の屋上に、小型の無人機「ドローン」が落下しているのが見つかり、取り付けられていた容器から放射線が検出されました。
放射性物質のセシウムが含まれていることも確認され、警視庁は詳しい分析を進めるとともに、何者かが官邸の上空で意図的にドローンを飛ばした疑いがあるとみて捜査本部を設置し本格的な捜査を始めました。

via: 官邸屋上にドローン 放射性セシウム確認 NHKニュース

警備の盲点というより、人間の盲点を突かれたと言わざるをえないですね。人間は真上と真下のものには対応できないのです。その真上を巧みに突いてくるドローンは、今後の警備戦略上、非常に厄介と言わざるをえないでしょう。見られてるだけならばまだマシですが、人間一人ならば危害を加えることも可能なのです。

今回、事態をより深刻にしているのは、直ちに人に害を与えるレベルではないとは言え、このドローンがセシウムを搭載していたことでしょう。官邸の主である安倍首相がジャカルタに行っているのは公にされていたので、直接危害を加える意図はなかったのでしょうが、悪意としては相当なものと言わざるをえないですからね。

政府としては、大失態と言わざるをえないので、犯人探しは苛烈を極めるでしょうが、ドローン対策も真剣に考えるべきでしょう。今ならば、まだ普及していないので、まだ対策も先手が打てますから。

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「官邸よりも問題は・・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

“カンタン・キレイ・色あせない”FUJICOLORデジカメプリント

ソニーストアのVAIOキャンペーン一覧

【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する