QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

善意の「罠」(グーグルマップに悪質ないたずら) 
PC関連  [ 2015/04/21 22:01 ]

少しの「善意」の積み重ねで良いものができるのですが、それに乗じた「悪意」もあるのが現実ですね。

インターネット検索最大手の米グーグルが展開する地図サービス「グーグルマップ」に、でたらめな表示が書き込まれる問題が発生した。ネット利用者に新しい施設情報を提供してもらい、グーグルが確認した上で地図に表示する仕組みが悪用された可能性がある。ネット利用者の「善意」でサービス改善を続ける仕組みの隙を突かれた格好だ。

via: グーグル地図「利用者の善意で改善」に隙 表示改ざん  :日本経済新聞

ユーザーの善意で改善していくシステムの「隙」を悪意に突かれる結果になってしまいました。この世の中から不届き者がなくならない以上、これは想定された事態と言わざるをえないでしょう。

ただ逆の見方をすると、ユーザーの善意で改善するシステムであったからこそ、早急に手を打てたという面もあるかも知れません。クローズドなシステムだと、声が届いても手を打つまでに色々と手間が掛かりますからね。

誰がやったのかわかりませんが、公安も動いているようなので、彼が思っているよりも手痛い制裁が下されるでしょう。

この記事の関連リンク
時事ドットコム:皇居に「オウム支部」表示=警視庁に「サティアン」-原爆ドームも・グーグルマップ

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「度が過ぎたな」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する