QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ようやく気が付いたようで(韓国、産経前支局長の出国禁止を解除) 
過去の「中朝韓」ニュース  [ 2015/04/14 22:13 ]

掲げた拳と感情は簡単には収められないんでしょうが・・・

韓国政府は、パク・クネ(朴槿恵)大統領の名誉を傷つけたとして裁判が進められている産経新聞の加藤達也、前ソウル支局長に対して取ってきた出国禁止措置を14日解除し、前支局長は14日にも帰国する見通しです。

via: 産経新聞前支局長 韓国出国禁止を解除 NHKニュース(※1)

あまりにも遅過ぎですが、ようやく加藤前支局長が自分たちにとって「お荷物」でしかないことに気が付いたようです。彼らがいくら正当性を宣っても、出国禁止にしていることが世界中に「恥」をバラ撒いているような状態でしたからね。とにかく、加藤氏を韓国に留めておいても、何の得にもならないのです。

基本的には、韓国政府が「お荷物」に出て行ってもらったのですが、”加藤前支局長本人と産経新聞が、これからの裁判に必ず本人が出席するという誓約書”(※1)を提出させることで、両成敗という形にしたのでしょう。これだと加藤氏が出席しなければ、批判の「カード」を手にすることができる形になりますからね。

韓国政府、産経新聞ともども、これ以上騒がせても何の得にもならないことは理解しているはずなので、今後は両者が「手打ち」と言える範囲内で収まる結果になるでしょう。
とは言うものの、どっちも結構バカだからなぁ・・・

当ブログの関連記事
天に唾する愚行(韓国検察、産経新聞前ソウル支局長を起訴)

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「このまま穏便に・・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

スポンサーサイト
コメントありがとうございます。

産経新聞と韓国ともに、非常に感情的な状態なので、双方ともになかなか「手打ち」と行かなかったのでしょう。
個人的には、支局長を「人質」にしてしまった韓国の「負け」ですね。
[ 2015/04/15 22:42 ] [ 編集 ]
 こんにちは。

 8ヶ月も韓国によって拘束された産経新聞前ソウル支局長、これには韓国がこれ以上拘束を続けたところで内外に自分たちの印象を悪くするだけと言う意識が出てきたからか、それとも産経新聞が早く解放しろと動いたからなのか、真相は分からないです。

 今後は両者が「手打ち」と言う形でこの問題を終わらせるって指摘、これは見方によっちゃ玉虫色の決着にしか見えません。

 8ヶ月もかかって解放されたのは、正直遅すぎると言わざるを得ないし、この8ヶ月間日本の世論は何をしてきたんだって思います。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非身に来て下さいませ。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-4759.html
[ 2015/04/15 15:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する