QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バッシングにナンピンか(産経新聞、南京事件を否定) 
過去の時事ネタ(事件)  [ 2015/02/16 22:05 ]

アパルトヘイトを容認するかのようなコラムを掲載して、南アフリカ大使館に抗議された産経新聞、日曜日にはそれをも上回る「爆弾」を・・・・

「城内空っぽ。誰もいなかった」「虐殺あるはずない…」

via: 【歴史戦第9部 南京攻略戦 兵士たちの証言(1)】「城内空っぽ。誰もいなかった」「虐殺あるはずない…」(1/7ページ) - 産経ニュース

完全にブレーキが壊れた暴走機関車と化してしまったと言わざるをえないでしょう。従軍した兵士の回顧録という形にして説得力をあげようと努力しているみたいですが、「南京で虐殺があったこと」そのものは、日本政府も認めているのが現実ですからね。

こんな暴走機関車と言わざるをえない記事が出る背景は、
中国側が「犠牲者数30万人」という無茶な数字を掲げていることもあるでしょう。
いくら何でも、この数はありえなさ過ぎます。陸続きならば1ミクロンくらいは理解できますが、補給もままならぬ海を隔てたところから占領しに来た旧日本軍が、貴重な武器弾薬を30万人もの民間人を殺害するのに使用するなんてありえないですからね。こんなムダ使いをしたら、虐殺だけで武器弾薬はスッカラカンで、後は何もできないでしょう。

彼らが何を考えているのかは理解できませんが、くれぐれも日本の品格を世界で下げるようなマネだけは控えて欲しいものです。今の日本、保守派のやることに関しては「愛国無罪」で済むのかもしれませんが・・・

この記事の関連リンク
外務省: 歴史問題Q&A
日中歴史研究報告書要旨 - 47NEWS(よんななニュース)

当ブログの関連記事
歴史を学ばぬ人たち(曽野綾子氏、産経で「移民を分けて居住すべき」と主張)

Amazonのベストセラー書籍

「『連発』はムチャや・・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®を一年中楽しむなら年間スタジオ・パス!

ネット注文ならさらに5%OFF!!ドミノオンライン本店 【ドミノ・ピザ】

産地から『旬』をお届けします コメリ産直市場

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する