QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「形」だけにもなってない(理研、小保方氏に「懲戒解雇」相当の見解) 
過去の時事ネタ(事件)  [ 2015/02/10 22:06 ]

「処分」だけを見れば理解できるのですが、実際のところを見ると・・・

STAP細胞の問題で、関係者の処分を検討していた理化学研究所は10日、小保方晴子元研究員について「懲戒解雇」に相当するという見解を発表しました。
そのうえで、小保方元研究員の刑事告発と研究費の返還請求についても検討していることを明らかにしました。

via: 小保方元研究員 「懲戒解雇」相当の見解 NHKニュース

冗談抜きで「形」すらもなりえていない見解と言わざるをえないでしょう。
今さら「懲戒解雇」と言ったところで、当の小保方氏は理研を退職してしまっていますし、刑事告発するとは言っても、経緯について何ら特定していない段階で言ったところで、何の意味もありませんからね。

そもそもの間違いは、小保方氏の退職を去年の12月に受理してしまったことでしょう。ここまで言うのであれば、退職届を受理すべきではなかったはずです。理研は会見で"(退職を)受理するか否かはその時の状況を踏まえて判断した。今回の審議では本人のかかわった責任をしっかり検討した"(※1)とは宣っておられますが、場当たり的な判断と批判されても仕方がないでしょう。

もう当の小保方氏は公の場に出て来れそうにないと思うので、これからは理研の茶番劇だけが続くのでしょう。

当ブログの関連記事
小保方氏への経費返還、刑事告訴に「するかしないかを含めて検討」 理研の説明は矛盾と疑問だらけ : J-CASTニュース(※1)

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「STAP,未だSTOPせず」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する