QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ヨルダン対ISILへ(ISILとヨルダン、人質と死刑囚を処刑) 
過去の時事ネタ(海外)  [ 2015/02/04 22:30 ]

連中の一連の動きから、こうなるだろうとは思っていたんですけどね。

ヨルダン政府は、イスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されていたヨルダン軍パイロット、ムアーズ・カサースベさんが、先月3日に殺害されたことを情報機関が確認したと発表しました。

ムアーズさんは、去年12月24日に操縦していた戦闘機がシリア国内で墜落し、「イスラム国」に拘束されました。

via: ヨルダン政府 パイロットの殺害確認と発表 NHKニュース

「人質交換」として交渉するということは、言い換えれば、自国の人質が受けた「仕打ち」と同じことをするということですから、当然こういうことになります。

イスラム過激派組織「イスラム国」が拘束していたヨルダン軍のパイロットを殺害したとする映像がインターネット上に公開されたことを受けて、ヨルダン政府は、報復措置として、「イスラム国」が後藤健二さんの解放と引き換えに釈放を要求していたサジダ・リシャウィ死刑囚の死刑を執行しました。

via: 死刑囚の死刑執行 ヨルダンの市民は支持 NHKニュース

ISILの連中が後藤さんとリシャウィ死刑囚の交換という理解し難い要求をしてきた時点で、パイロットは交渉に出せない状態であるということは容易に想像できたと思います。日本人の人質とヨルダンで拘束されている死刑囚の交換なんて、普通に考えても絶対無理ですからね。

これらの動きを見る限り、彼らは最初から人質を交換しようなんて思っておらず、ただ単に要求に従わなかったから処刑をしたということを大々的に宣伝することだけが目的だったのかもしれません。残念ながら、狂信的な集団は、そうすることでまとまるものなのです。

今回のことで否応なくヨルダンとISILの間の緊張感が、これまで以上に高まることは避けられないでしょう。ヨルダンは当然としても、(そんな資格はないと言いたいですが・・・)テロリスト側もやられることには倍以上に敏感ですから・・・

当ブログの関連記事
最悪の事態に(後藤さん殺害の動画がネットに)
当然の膠着(後藤さん解放交渉)
取引は交差する(ヨルダン、パイロット釈放なら死刑囚釈放の用意か)
事態は厳しき方向に(イスラム国、湯川さんを殺害か)
日本も逃げられぬ現実(イスラム国、邦人人質殺害を予告)

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「ヨルダンで交渉したのが元凶かな」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

“カンタン・キレイ・色あせない”FUJICOLORデジカメプリント

ソニーストアのVAIOキャンペーン一覧

【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する