QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

連携不足と人手不足(埼玉県警、人手不足で市民の強力を断る) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2014/11/07 23:28 ]

批判するのは簡単なんですけどね。

 埼玉県北本市の無職男性(75)が十月にニセ電話詐欺の電話を受け、犯人逮捕への「だまされたふり作戦」への協力を県警鴻巣署に申し出ながら、署が「人手が足りない」との理由で申し出を断っていたことが七日、県警への取材で分かった。県警は九月にニセ電話詐欺の「特別対策隊」を設置しており、隊から捜査員を派遣することが可能だったが、署は派遣を要請せず独断で決めたという。

via: 東京新聞:「だまされたふり」の申し出 「人手不足」と断る:社会(TOKYO Web)

埼玉県警の本部と所轄の意思伝達の不能と、所轄の人手不足がもたらした失態でしょう。県警の特別対策隊に捜査員の派遣を要請しなかったことも、所轄で対応できる捜査員を用意できなかったことも、いずれも問題ですからね。

ま、最大の原因は、所轄が県警に成果を持って行かれることに対する不信感なのでしょう。県警本部からの派遣を受け入れたら、所轄は下働きのみで成果は本部に持って行かれることも事実ですからね。所轄と本部の対立は、警察組織では避けられないので、仕方がない現実もあるのです。

完全に所轄に任せるか、本部で一本化するかにすれば良いのではという意見があると思いますが、そう簡単には行かないのも現実なのです。前者にしてしまうと、人員が余りますし、後者にすると即応性に欠けますから。

Amazonのベストセラー書籍

「結果は批判されるべき」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

Oisixは「子どもに安心して食べさせる」食材宅配のネットスーパーです。

安い!全国発着!品揃え豊富な格安航空券サイト「空旅.com」

産地直送で日本の旬をお届け!JAタウン。

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する