QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

昭和のプロレスを思い出す(橋下市長 vs 在特会) 
過去の時事ネタ(政治)  [ 2014/10/21 21:50 ]

大臣の「ダブル辞任」の影に隠れてしまいましたが・・・

大阪市の橋下徹市長は20日、市役所で「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)と呼ばれる人種差別的な街宣活動に関連して「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長と意見交換した。民主主義のルールに基づいてデモを行っているとする桜井会長に対し、表現の自由の範囲内での主張に改めるように求めた橋下市長との意見は平行線をたどり、10分とたたずに打ち切りとなった。

via: 10分弱で打ち切り 橋下市長と在特会会長意見交換 - 大阪日日新聞

はっきり言って、昭和のプロレスを見れるとは思っていませんでした。
ジャイアント馬場がタイガー・ジェット・シンにキレて、ゴング直前から乱闘して「無効試合」の裁定っていうような感じですね。

議論にはなりませんでしたが、唯一目に付いたのは、
「在特会会長の桜井誠氏のカリスマ性のなさ」
でしょう。申し訳ありませんが、あれではどう見ても「ただのオッサン」以下です。別の見方をすると、日本ではヘイトスピーチがカリスマを必要としないくらいに深く根付いているということでしょう。

現時点ではただのロクでなしの集団ですが、これにカリスマ性のあるトップが生まれると、厄介な存在になるでしょう。ヒトラーもそういう土壌のもとで生まれましたから。

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「ヘイトは早期に駆除すべき」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する