QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

エボラ、新大陸上陸(米国内で初のエボラ発症患者) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2014/10/01 23:50 ]

恐れていたことへの「第一歩」となるのでしょうか。

米疾病対策センター(CDC)は30日、西アフリカからの帰国後にエボラ出血熱と診断された患者が、米テキサス州ダラスの病院に入院したことを明らかにした。米国内での発症例が報告されたのはこれが初めて。

患者の身元は公表されていない。9月19日にリベリアを出発し、20日に米国に到着した時点では症状がみられなかった。4~5日後になって発症し、28日にテキサス・ヘルス・プレスビテリアン病院の隔離病棟に収容されたという。

via: CNN.co.jp : エボラ熱、米国内で初の発症 リベリアから帰国後に

現在でも観戦は拡大する一方なので、想定はできていましたが、いざ現実のものとなると、正直ショックです。これで次はどこで発症が発覚してもおかしくないことになりますからね。

私が今回の事態で注目しているのは、患者が発症後の数日間に接触したとみられる人間がどれだけ感染したかでしょう。これが皆無であれば、水際阻止に展望が見えてきますが、そうでなければ非常に深刻な事態を覚悟しなければならないでしょう。

日本は大丈夫だと思いますが、中国本土で発症が確認されたら日本も危険ですね。中国がすぐに事態を小兵する訳ありませんから。

当ブログの関連記事
とうとう水際に・・・(WHO,エボラ出血熱で緊急事態宣言)
止まらぬエボラ(エボラ出血熱、ナイジェリアでも)

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「中国発のパンデミックが怖い」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

“カンタン・キレイ・色あせない”FUJICOLORデジカメプリント

ソニーストアのVAIOキャンペーン一覧

【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する