QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

英雄は身近にいる(全米オープンテニス) 
スポーツ(その他)  [ 2014/09/10 23:40 ]

日本人選手がテニスのメジャータイトルを手にする日がきっと来るなんて言った自分が本当に情けなく思います。

日本の記者がロジャー・フェデラーにインタビューしたときに「なぜ日本のテニス界には世界的な選手が出てこないのか」と聞いたらしいんです。

するとフェデラーは

「何を言っているんだ君は? 日本には国枝慎吾がいるじゃないか!」

と言った。

Premium web ーより引用

こんな有名なエピソードがある。

加えて、フェデラーが日本の記者に自身のグランドスラム(4大大会すべてを1年間で制覇すること)について聞かれたときも、

「グランドスラムは自分よりもクニエダの方が先だろう」

と答えたというのです。

via: 元世界1位フェデラーが語る「日本から世界的なテニス選手がでない理由」に感動 – grape -「心」に響く動画メディア

今大会もシングルスとダブルスの両方で優勝を飾り、2006年から現在まで不動の第1位を君臨し続ける英雄が日本のテニス界にはいるのです。
ロジャー・フェデラーですら敬意を払うのは、国枝慎吾、車いすテニスの選手です。

このフェデラー選手の言葉で理解させられたことは、自分も含めた二流以下はフィルターを通じて人を見るけど、一流以上の人間は、その人そのものしか見ないということでしょう。大多数の日本人は「車いす」というフィルターを通してしか国枝選手を見ていませんでしたが、フェデラー選手は「テニスプレイヤーとしての国枝慎吾」としてしか見ていないのです。

口で言うのは簡単ですが、この差の積み重ねは本当に大きなものになるでしょう。一流の人たちは物事の本質だけをどんどんと吸収して行きますから。

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「『フィルター』なんて捨てたい!!」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する