QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「歯止め」として必要(自民党、ヘイトスピーチ規制を検討へ) 
過去の時事ネタ(政治)  [ 2014/08/15 22:24 ]

「火を着けろ、煽れ、最後はコントロールできるようにしろ」ですね。

 自民党は、在日韓国・朝鮮人への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を取り締まるための法整備を検討するプロジェクトチーム(PT)を近く設置する方針を固めた。

 7月に韓国の朴槿恵パククネ大統領と会談した舛添要一東京都知事の要請を受けた安倍首相が、高市政調会長に検討を指示していた。

via: ヘイトスピーチ規制へ自民、議員立法を検討 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

思想的には理解できても、行政を担う立場としては、一定の「歯止め」が必要と考え始めたのでしょう。あの手のヘイトスピーチを放置すると、ヘタしたら自分たちに不満の刃が向かってくるかもしれませんからね。行政を担う立場である以上、思想のみで突っ走るわけには行かないのです。

プロジェクトチームを設置するとは言っても、法整備までは程遠いと言わざるをえないのが現実でしょう。「表現の自由」を盾にして慎重な立場の法務省だけではなく、最近の自民党は中央地方問わず極右議員がウィルスのごとく増殖していますからね。今の自民党はトップダウン型の組織なので、総理大臣が本気で臨めば法律の成立は時間の差の問題でしかありませんが、少しでも躊躇してしまうと、「何もしなかった」方がマシだったと言わざる結果になる可能性も否定できないでしょう。

本当に設置すれば、失敗した時のリスクが非常に大きい「賭け」に手を出すようなものですが、仮に成功しても、韓国との距離が近づく訳ではないことも事実でしょう。彼らが固執するのは、あくまで「従軍慰安婦問題」だけですからね。
ま、それでも個人的には法律で規制すべきだとは思いますが。

Amazonのベストセラー書籍

「『保守vs極右』の内乱勃発??」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

Oisixは「子どもに安心して食べさせる」食材宅配のネットスーパーです。

安い!全国発着!品揃え豊富な格安航空券サイト「空旅.com」

産地直送で日本の旬をお届け!JAタウン。

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する