QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

逮捕の女子生徒の深い闇(佐世保、女子高生殺害事件) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2014/07/28 23:16 ]

事件は単なる感情的なものではなさそうです。

長崎県佐世保市で高校1年の女子生徒が殺害された事件で、逮捕された同級生の女子生徒が調べに対し「人を殺してみたかった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かりました。
警察はほかにも動機につながるトラブルなどがなかったか慎重に捜査を進めるとともに女子生徒の当時の精神状態についても調べることにしています。

via: 逮捕の女子生徒「人を殺してみたかった」 NHKニュース

真相の前には想像をはるかに超えるであろう闇がそびえているようです。佐世保市は10年前の小学6年性の女児が同級生を殺害した事件以降、命の大切さ学ぶ教育をしているようですが、猟奇的殺人の前には無力だったようです。普通の精神構造ではないですからね。

逮捕された女子高生は文武ともに優秀な生徒だったようなので、犯人なりの秩序立った動機があったのでしょう。まずは目前にある大きな心の闇が解明されることを望みたいです。その方が今後の教育に役立つはずですから。

この記事の関連リンク
全文表示 | 佐世保「同級生殺害」自分をボクと呼んでいた加害生徒…母死去で一人暮らし : J-CASTテレビウォッチ

「逆送になるのかな・・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する