QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

信頼失墜も逮捕はあっけなく(ベネッセ顧客情報流出、派遣のSEを逮捕) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2014/07/17 21:51 ]

早く逮捕できても、流出したデータは、どうにもなりません・・・

ベネッセコーポレーションの個人情報が大量に流出した問題で、警視庁は、顧客のデータベースの保守管理を担当する外部業者に派遣されていたシステムエンジニアが、営業秘密に当たる個人情報1000万件余りを名簿業者に売却する目的で不正にコピーしたとして、不正競争防止法違反の疑いで逮捕しました。

via: “1000万件余を不正にコピー”で逮捕 NHKニュース

持ち出す工作はできたものの、持ち出した「痕跡」を消すことまでは、できなかったか知恵が回らなかったようです。漏洩を許してしまった企業にとっては、その時点で「アウト」ですが、持ち出す側にとって最も重要なことは、その痕跡を消すことですからね。いくら情報を打ってカネに変えれたとしても、お縄に掛かってしまっては意味がないのです。

今回の事件で明らかになった問題は、
情報を管理しなければならない企業の当事者意識の甘さでしょう。
人材確保の問題もあるのでしょうが、守らねばならない情報を「孫請け」まで流した結果がこれでは、そう言われても反論できないはずです。本来、自分たちが守らねばならぬものは、自分たちで守らねばならないのです。

孫請けの派遣で収入低けりゃ、モラルも弱くなるという誰もが理解していることを考慮していないことが、そもそもの元凶でしょう。人間のモラルは、誰もが強いわけではないのです。

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「どこでもありうること」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

“カンタン・キレイ・色あせない”FUJICOLORデジカメプリント

ソニーストアのVAIOキャンペーン一覧

【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!

スポンサーサイト
コメントありがとうございます。

システム管理を孫請け以下に流している企業はベネッセだけではないので、多くの企業が血の気が引く思いでしょうね。
[ 2014/07/18 22:05 ] [ 編集 ]
 こんにちは。

 ベネッセの情報流出問題は、そのデータを管理するシステムエンジニアの男性逮捕と言う展開で大きく動いたけど、早く逮捕されたから良かった、良かった。かも知れないが一度失った信用は事件が事件だけに回復には時間を要すでしょう。

 またベネッセにも問題はあります。
 個人情報と言う大事なものを、厳重に管理する体勢が不十分なことを露呈したものだから、言うなればプロテクト整備が全然だったと言いましょうか。
 不正競争防止法違反で逮捕だけど、大事な情報を漏洩し、その企業の社会的信用を損ねるような行為をした。偽計業務妨害にも問われておかしくないです。

 この事件で思うことは、個人情報保護法を改正すべきだと言うことですし、企業なども危機管理能力意識を改めて強く持つことではないでしょうか。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非身に来て下さいませ。
[ 2014/07/18 15:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する