QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤツが来るまでは・・・(日本、コートジボワールに逆転負け) 
スポーツ(サッカー)  [ 2014/06/15 22:29 ]

ヤツと雨が憎い・・・

2014FIFAワールドカップ1次リーグC組
レシフェ
日本国旗
日本
11-0
0-2
2コートジボワール国旗
コートジボワール
日本国旗16分 本田
コートジボワール国旗64分 ボニ
コートジボワール国旗66分 ジェルビーニョ

ドログバの登場がすべてでした・・・
2失点はドログバの突進を止めるためにボランチが上がってできてしまったDFラインとのスペースをクロスで飛び込まれてしままったものですからね。残念ながら、今の日本代表には、あのクロスをマンマークで止められるDFはいないのです。(図1)

リアルポジションチャート

この試合で日本に更に不利に働いたのは、終始降り続いた雨でしょう。日本の得意なのは「人もボールも速く動かす」サッカーですが、雨が降ると芝が重くなるので、ボールも人も動きが悪くなるのです。しかも、日本代表は軽快に動ける選手しかいませんから、最も苦手とする「馬力」勝負で消耗戦を強いられて、こういう結果になってしまうのです。

もう勝つしかないので、泣き言なんて言ってられませんが、祈りが叶うならば、次戦以降は雨が降らないことを願いたいものです。天気も実力のうちですが、同じ散るなら、自分たちのサッカーができる環境で散って欲しいですからね。
ま、個人的には、雨さえ降らなければ、まだ予選突破できると確信していますけど!!

この記事の関連リンク
Actual Formation ※(図1)はこのPDFを引用
コートジボワール vs 日本 - 3Dアニメ | ブラジルW杯 : nikkansports.com
ワールドカップ 2014 - コートジボワール 対 日本 | ハフポスト日本版

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「馬力のある選手が欲しい」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

PC周辺機器メーカーアイ・オー・データのダイレクトストア「ioPLAZA」

アフィリエイトはここからスタート! >> リンクシェア

本当に美味しいチーズとは、【ナチュラルチーズ専門店】にしかありません!

高速モバイル通信がこんなに安い!【イー・モバイル】月々1,000円〜

スポンサーサイト
レシフェも雨が振りやすくなってるみたいなのが・・・
[ 2014/06/17 22:40 ] [ 編集 ]
 こんにちは。

 初戦で悔しすぎる逆転負けを喫した日本、前半は良かったものの、後半は一転してコートジボワールに主導権を握られ、これが逆転負けにつながったとしか言えません。

 やはり後半にディディエ・ドログバを投入したことで、前半チームワークがなかったのが一気にまとまって、怒涛の攻撃を喰らい、たった2分で2点も取ると言う「瞬殺」を喰らった日本、ドログバ投入はコートジボワールにとって「水を得た魚」ならぬ「水とリーダーを得たゾウの群れ」を呼んだ感じです。

 逆転されたシーンだが、完全にジェルビーニョがフリーだったこともだし、右サイドがガラ空き同然だったことでしょう。

 後は雨によるピッチ不良で、本来のサッカーが出来なかったことにつきます・・・。高温多湿で雨、すぐにスタミナ切れを起こして持久戦で不利になるのは火を見るより明らかだったと言えます。もう一つ言えることだが、本田圭佑にパスを集中したせいか、攻撃パターンに多様性が見られなかったことも課題だと思います。

 次のギリシャ戦はレシフェに近いナタル、レシフェと近い気候ではあるものの、軌道修正して臨むべきです!! 大久保または柿谷をスタメンで起用してはどうだろうか。
[ 2014/06/16 16:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://krimshow.blog56.fc2.com/tb.php/3176-2fb81e75

第20回ワールドカップ(グループC) 日本 1−2コートジボワール 雨中の初戦。小生が小学生のころの地図帳には「象牙海岸」と国名表示されていた「コートジボワール」との戦い。 前半16分に本田のシュートが決まって先制。 さすがと思わせる強烈なシュート。 しかしながら、重い試合運び。 細かいパスの精度が低い日本。 小さいミスが重なっちゃう。 −◆− コートジボワール...
[2014/06/16 11:42] 世事熟視〜コソダチP