QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

憲法と現実の間で(安倍首相、憲法解釈で集団的自衛権を容認へ) 
過去の時事ネタ(政治)  [ 2014/05/15 22:30 ]

憲法の理想を尊重するか、現実に沿った解釈に舵を切るか、それは簡単に肯定や否定できるほど簡単なものではないはずです。

首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」は15日、政府が憲法解釈上できないとしてきた集団的自衛権行使を可能にするよう求める報告書を提出した。これを受け、首相は「必要な法的基盤を盤石にする確固たる信念を持って真剣に検討を進めていく決意だ」と述べ、解釈変更に向けた検討を加速する方針を表明。与党との調整を経て早期の閣議決定を目指す。戦後の安全保障政策の根幹を憲法改正によらずに転換することにつながり、国論を二分するのは必至だ。

via: 時事ドットコム:憲法解釈変更、検討加速=安倍首相が集団自衛権行使へかじ-安保法制懇が報告書

現実や感情論を排除して憲法だけで解釈すると、「集団的自衛権」は間違いなく違憲と言わざるをえないでしょう。戦争放棄と戦力保持を禁止が禁止されている以上、百歩譲っても「個別的自衛権」が限界だと思います。本来、憲法とは都合良く解釈を積み重ねて良いものではないのです。

とは言うものの、現実面で考えると、集団的自衛権は間違いなく容認すべきと言わざるえないでしょう。(対象はこれだけなので、もう明文化しますが・・・)日米安保条約を考えると、日本を一方的に守らせておいて、日本を跨いでのアメリカへの攻撃はシカトでは、幕末期から明治時代にかけての日米の「不平等条約」と同じですからね。まあ、アメリカの先見性のなさがもたらした失態と言えばそれまでですが、双方の安全保障という視点から考えると、あまりよろしくないことも事実と言わざるをえないでしょう。

安倍首相の思想が先走りし過ぎている面も否定できませんが、世界情勢がそうせざるをえない傾向になりつつあることも事実でしょう。別の見方をすると、戦後の米ソの冷戦なんて、今の日本の情勢を考えると、序の口だったのかもしれません。憲法9条をここまで「拡大解釈」をする必要がなかったわけですからね。

この記事の関連リンク
「解釈変更による容認」 問題はないか NHKニュース

Amazonのベストセラー書籍

「それでも憲法解釈の議論は慎重であるべき」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ANAで行く国内・海外旅行

全国31店舗展開!BTOパソコンならドスパラへ!

シャープ いい暮らしストア

自動車保険満期前のあなた!今すぐ見積り!!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する