QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

自分たちで決めるべきこと(竹富町、教科書採択を町単独で) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2014/04/11 22:32 ]

個人的には、なぜこんなことで揉めてるのかと思うのですけどね。

沖縄県竹富町が町を含む地区の協議会が選んだ公民の教科書とは別の教科書を使っていることに国が是正要求を出したことについて、町の教育委員会は国と地方の争いを調停する第三者機関には審査を申し立てず、教科書の採択地区を今の地区から分離して町単独に設定するよう県教育委員会と協議していく方針を明らかにしました。

via: 沖縄・竹富町 教科書採択を町単独で NHKニュース

学ぶべき人間や、その関係者が納得しさえすれば、それで問題ないと思います。
自分たちの「学ぶべきもの」は、自分たちの責任で選べば良いのです。
どの教科書も国が認めたものである以上、どれを選んでも問題ないはずですからね。
本来、教育とはそういうもののはずです。

今回の竹富町の判断に批判的な勢力は、"法律を順守すべき行政機関として、問題のある対応といわざるを得ない"(※1)というような批判をしていますが、これは単に「お上の言うことを無視するなんてけしからん!」と怒っているだけに過ぎないと言わざるをえないでしょう。あくまで採択地区は国と地方自治体が便宜上定めているだけなので、町の利益にそぐわないと判断すれば、離脱したところで何ら差し支えないのです。あくまで、それに伴う責任を背負う覚悟と準備があればの話ですけどね。

私は今回の件で「愛国心」について議論するつもりはありません。
自分たちが「学ぶべきもの」は、自分たちの責任で選ぶべきだということだけです。
その方が教育が多様化して、競争が促進されるはずですから。

この記事の関連リンク
【竹富町教科書問題】文科省の是正要求を事実上無視 申し立てもせず - MSN産経ニュース
社説[八重山教科書問題]政治介入に終止符打て | 沖縄タイムス+プラス

Amazonのベストセラー書籍

「保護者と生徒と教師が選んでも良い」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

Oisixは「子どもに安心して食べさせる」食材宅配のネットスーパーです。

安い!全国発着!品揃え豊富な格安航空券サイト「空旅.com」

産地直送で日本の旬をお届け!JAタウン。

日本最大級の保険一覧比較サイト「保険市場」

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する