QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

学会と社会のギャップ(理研、STAP細胞の論文を不正と断定) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2014/04/01 23:11 ]

断罪されるべきだっていう考えは理解できるのですが、何か違和感があることも事実なんですよね。

STAP細胞を巡る問題で理化学研究所の調査委員会は、1日記者会見し、小保方晴子研究ユニットリーダーらが、発表したSTAP細胞の論文にデータのねつ造などの不正があったとする調査結果を発表しました。

via: STAP細胞 調査委「論文にねつ造など不正」 NHKニュース

小保方氏は反論していますが、論文に関しては「不正があった」とみなされても仕方がないでしょう。これだけ疑惑が浮上している以上、百歩譲歩しても、論文として杜撰過ぎるという批判は避けられないと思います。

論文が論外であることは否定しようがありませんが、個人的に違和感を覚えるのは、「STAP細胞の存在自体はどうなのか」ということです。学会にとっては、「論文がアウトならば、すべてがアウト」なのかもしれませんが、社会にとっては、「STAP細胞さえ認められれば、すべてOK」なはずです。社会のニーズは「もの」だけで、論文なんて二の次以下ですからね。

理研はSTAP細胞の検証実験には1年かかると表明していますが、激しいバッシングや厳しい処分は検証結果が明らかになってからでも遅くはないと思います。迅速に処分したがために、STAP細胞の成果を他国に持って行かれたのでは、本末転倒、本当に国益に反しますから。

この記事の関連リンク
小保方晴子ユニットリーダーのコメント全文:科学:読売新聞(YOMIURI ONLINE)
時事ドットコム:論文不正に「厳正処分」=小保方氏「不服」-STAP真偽1年で検証・理研
ねつ造と「研究員の就職」の関係 STAP騒動の不透明な行方 : J-CAST会社ウォッチ

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「理研は『捏造』を望んでる??」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

自動車保険満期前のあなた!今すぐ見積り!!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://krimshow.blog56.fc2.com/tb.php/3098-28955cc9

STAP細胞に関する理研の調査委員会が1日、会見を開いた。 論文には不正があったと理研は認めた。   STAP細胞:「不正は小保方氏単独で?」会見一問一答(毎日新聞) 一方、研究でユニットリーダーだった小保方晴子氏。 不正という会見内容に承服せず、不服を申…
[2014/04/04 17:18] りゅうちゃん別館