QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

クリミア半島で神経戦(ウクライナ政権崩壊) 
過去の時事ネタ(海外)  [ 2014/03/04 23:04 ]

強硬な姿勢を見せていたので、一気にクリミア半島を占領してしまうのかと思っていましたが、プーチン大統領の決断は・・・

ウクライナ南部クリミア自治共和国の重要拠点を掌握したロシアのプーチン大統領は4日の記者会見で「(自治共和国に)ロシア軍を投入する可能性は消えた」と述べ、軍事介入を回避する考えを表明した。ウクライナの政変を批判する一方、ロシア系住民が多数を占める自治共和国を併合する可能性について「今のところ、その必要はない」と否定した。

via: 東京新聞:ロ大統領、軍事介入回避を表明 クリミア併合も否定:国際(TOKYO Web)

あくまで「とりあえず」ですが、現状で良いと判断したようです。ロシアとしては、現状でもクリミア半島での充分に影響力を確保できそうなので、強硬策に出て西側諸国に付け入るスキと経済的なリスクを避けたのでしょう。事態が悪くなれば、ロシアが最速でクリミア半島を掌握できることには変わりはないですからね。

クリミア半島の現状維持して西側諸国に付け入るスキを避けようとしているロシアですが、ウクライナ東部を支持するEUとアメリカ側が同じように現状を受け入れる決断をしてくれるかといえば微妙と言わざるをえないでしょう。少なくとも即座にはムリな話です。彼らも一度掲げた拳をすぐに下ろすことはできないのです。

誰もウクライナの分離は望んではいないようなので、当面はクリミア半島をめぐっての神経戦が続くのでしょう。長引けば、ウクライナの分離は避けられないとわかっていてもね。

この記事の関連リンク
米国、対ロシア制裁を近く導入する用意 ウクライナには10億ドルの融資保証| Reuters
露ガスプロム、ウクライナ向けガス価格の割引を廃止へ=インタファクス通信| Reuters
焦点:ウクライナ危機、ロシア経済の「アキレス腱」も浮き彫りに| Reuters

当ブログの関連記事
「混乱から分裂へ」か(ウクライナ政権崩壊)

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「現状は『落とし所』なし」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

自動車保険満期前のあなた!今すぐ見積り!!

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する