QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

溢れ出たものは戻せない(名護市長選、基地反対派の稲嶺氏が再選) 
過去の時事ネタ(政治)  [ 2014/01/19 22:16 ]

「パンドラの箱」から溢れ出てしまったものを、再び箱の中に戻すことはできません。
ましてそれが、住民にとって本当の「希望」であるならば。

任期満了に伴う19日投開票の名護市長選挙は、現職の稲嶺進氏(68)=無所属、社民、共産、社大、生活推薦=の2期目の当選が確実となった。前県議で新人の末松文信氏(65)=無所属、自民推薦=との一騎打ちを制した。

稲嶺氏は、最大の争点となった米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題に「断固反対」し、保革を問わず幅広い支持層から票を集めた。基地受け入れに伴う再編交付金に頼らないまちづくりを訴え、受け入れられた。

1996年に移設問題が浮上して以来、5度目の市長選。対立軸が鮮明になる初めての選挙で、反対派が勝利した。

via: 【電子号外】稲嶺氏が再選確実 名護市長選 | 沖縄タイムス+プラス

米軍基地に対する沖縄県民の世論は、基地反対派が賛成派を少し上回る程度なのが現実なのでしょうが、それも「経済的依存」がベースであって、心情的には反対派がほとんどなのが現実でしょう。言うまでもなく、「日本の安全のために沖縄の米軍基地は必要だ」などと本気で思っている沖縄県民は、賛成派の中でも少数派のはずです。自分の国の基地ならば、それも多くなるのでしょうが、他国の基地でそれを求めるのは、本土の人間の現地の信条を無視した傲慢に過ぎないのです。

開けてはならぬ「パンドラの箱」を開けてしまったのは、2009年に発足した民主党政権ですが、それを避難するのも本土の人間の現地の信条を無視した傲慢に過ぎないでしょう。長年、沖縄県民に米軍基地による多大な負担に対する代償を支払うことなく、騙し続けてきたことも事実ですからね。「基地の代償はたくさん支払っている」という声も少なからずあるでしょうが、沖縄があらゆる面で他県よりも劣っている現実を見れば、そんなものはまやかしに過ぎないことは明らかでしょう。それを言うのであれば、最低でも原発のある街くらいの豊かさを補償すべきなのです。

私も一応、1ミクロンくらいは現実論を考えられるので、安全保障的検知から考えると、辺野古移設以外に選択肢はないと思いますが、それを実現するためには、本土の人間がマジで激ギレするくらいの代償を提示して誠心誠意に誠心誠意を重ねて重ねてお願いにお願いを繰り返す以外の方法はないでしょう。パンドラの箱を開けてしまった民主党政権にも否はあるでしょうが、終戦から70年近くも沖縄の人々を安い代償で騙し続けたことが根本の問題なのです。人間界のパンドラの箱は、いずれ誰かの手によって開けられてしまうものですから。

この記事の関連リンク
【名護市長選】稲嶺進氏が再選確実 普天間基地の辺野古移設に反対、市長権限で阻止できるか - ハフィントンポスト

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「『強行突破』はムリでしょう」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

PC周辺機器メーカーアイ・オー・データのダイレクトストア「ioPLAZA」

アフィリエイトはここからスタート! >> リンクシェア

本当に美味しいチーズとは、【ナチュラルチーズ専門店】にしかありません!

高速モバイル通信がこんなに安い!【イー・モバイル】月々1,000円~

経営者保険なら法人保険市場

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

スポンサーサイト
コメントありがとうございます。

>  いくら政府や知事が移設に積極的でも、市民の意見は反対だったことも事実ですし、政府と民意で大きなズレが出たこともあります。

それは昔からなんですけどね。

>  そもそも米軍基地問題がナーバスな問題だけに、政府としてはあまりアメリカを刺激したくないからか、アメリカに配慮した姿勢だったものの、2009年に民主党政権が「最低でも県外」なんて絵空事を言ってしまったから、結果としてこの問題が大きくなったと言えますね。

絵空事と言うよりも、長年、「絵空事と思わせていた」というのが正直なところなのでしょう。

>  これにより辺野古移設が暗礁に乗り上げることになりそうだが、アメリカと沖縄の板挟みにあっている政府はどんな心境なんだろうかねェ・・・。

長年、安い代償で沖縄を騙し続けていたわけですから、「然るべき対価」に「過去の賠償分」を加えない限り、前には進まないでしょうね。
[ 2014/01/20 23:05 ] [ 編集 ]
 こんにちは。

 辺野古への移設反対を掲げた稲嶺氏が当選したことで終わった今回の名護市長選挙、これは辺野古移設に積極的な政府与党と仲井真県知事に対する「警告」と言うか「圧力」となりそうです。

 いくら政府や知事が移設に積極的でも、市民の意見は反対だったことも事実ですし、政府と民意で大きなズレが出たこともあります。

 そもそも米軍基地問題がナーバスな問題だけに、政府としてはあまりアメリカを刺激したくないからか、アメリカに配慮した姿勢だったものの、2009年に民主党政権が「最低でも県外」なんて絵空事を言ってしまったから、結果としてこの問題が大きくなったと言えますね。

 これにより辺野古移設が暗礁に乗り上げることになりそうだが、アメリカと沖縄の板挟みにあっている政府はどんな心境なんだろうかねェ・・・。

 この話題ですが、私のブログでも取扱ってますので是非身に来て下さいませ。
[ 2014/01/20 14:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://krimshow.blog56.fc2.com/tb.php/3057-b8cc1e44

普天間飛行場の辺野古移設が焦点となった19日投開票の名護市長選挙。 現職で辺野古移設反対の稲嶺進氏が当選を決めた。   名護市長選、辺野古移設に反対の現職が再選確実 日米関係に新たな影(ロイター) 稲峰氏は市長権限での移設阻止を表明している。 いくら地方…
[2014/01/20 01:05] りゅうちゃん別館