QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

時は金なり(ポスティングシステム、MLBが合意破棄) 
スポーツ(野球)  [ 2013/11/15 23:33 ]

田中将大投手の来シーズンのメジャー移籍は、どうなるのでしょうか・・・

米大リーグ機構(MLB)は14日、日米間で合意に達していたポスティングシステム(入札制度)の新制度を取り下げて修正案を提出すると発表し、成立時期が大幅にずれ込む見通しとなった。日本球界には15日、長期化を懸念する声が広がり、米挑戦が注目されるプロ野球楽天の田中将大投手の動向に影響が出そうだ。

旧制度は日本の球団が最高入札額を得ていたが、新制度は最高額と2番目の間に減額されるなど見直された。日本プロ野球選手会はメリットがないと反発し、2年間限定で受諾すると表明したが、米オーナー会議が行われたフロリダ州オーランドで会見したMLBのマンフレッド最高執行責任者(COO)は「日本の総意が出るのに時間がかかりすぎて、情勢は変わった」と説明した。

via:日本の総意遅すぎ…MLBが修正案提出へ - MLBニュース : nikkansports.com

自分たちに有利な条件は、急いで返答すべきということでしょう。逆にMLBにとって有利な提案だったならば、いつまでも待っているはずですからね。それを考えると、新提案でもMLB側にとっては不満は高かったということでしょう。真っ先に対象になるであろう田中投手の場合、財政力のある球団が多数参戦することが予想されることを考えると、新制度でも「クローズド・オークション」であることに変化はないと、多少支払額が減る程度ですからね。

MLB側は”新制度案について日本側に迅速に返答してほしいと伝えたが、彼らはできなかった”(※1)として、責任は日本側にあるとしていますが、全面的に責任を押し付けるのは無理があると思います。2週間前と言えば、日本シリーズ終了前後なので、選手会長がシリーズに参戦していた楽天の嶋捕手である以上、それが無理な話であることは明らかですからね。ましてや、選手会が基本的に賛成していないという事実を考えると、「迅速」にという言葉は最初から無理なのです。

今回のことで、MLBは入札制度そのものに否定的だという事が明らかになったので、いっそのこと、ヨーロッパのサッカーの「移籍市場」ように、シーズン終了後に日米韓台の球団の編成責任者や選手の代理人が一同に会して「移籍市場」でもした方が良いのかもしれません。まあ多分、ムリでしょうが・・・

この記事の関連リンク
時事ドットコム:入札制度、修正協議へ=楽天の田中に影響の可能性-米大リーグ(※1)

Amazonのベストセラー書籍

「田中の来季は楽天??」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ANAで行く国内・海外旅行

全国31店舗展開!BTOパソコンならドスパラへ!

シャープ いい暮らしストア

自動車保険満期前のあなた!今すぐ見積り!!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する