QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

4度目は惨事(笠松競馬場、場外への放馬で死亡事故) 
過去の時事ネタ(事件)  [ 2013/10/28 22:39 ]

たまたま事故にならなかったインシデントを4度も繰り返したら・・・

28日午前3時5分ごろ、岐阜県岐南町の町道で、近くの笠松競馬場から逃げだした競走馬1頭が走行中の軽乗用車と衝突した。軽乗用車は弾みで対向車とぶつかり、軽乗用車を運転していた同県山県市のトラック運転手・恩田義雄さん(64)が頭を強く打ち病院で死亡した。競走馬も死んだ。

笠松競馬場ではことし2月に二度、4月に一度、競走馬が場外に逃げ、2月の一度は車と衝突した。岐阜羽島署が管理体制に問題がなかったか調べている。

via:笠松競馬場から競走馬逃走 軽乗用車と衝突し運転手ともに死亡:社会:スポーツ報知

不謹慎なので、例えは用いませんが、同じ年に何度も場外放馬を許していたら、本当にいつ事故が起こってもおかしくなかったと言わざるをえないでしょう。”出口に配置されていた警備員は、門の脇にある守衛室に物を取りに行っていたため門が開いていた”(※1)ことが場外放馬の直接の原因のようですが、これは明らかに笠松競馬場の安全管理体制の不備であり欠陥です。競馬場の安全対策の第一は「放馬を場外に出さないこと」なので、それが最優先になっていないことは、絶対に論外なのです。

今回の事故で私が思い出すのは、2007年の阪神競馬場での放馬事故(※2)です。あの時は落馬で負傷した騎手を搬送するための救急車を外に出すために開けたゲートから、別に落馬して放馬になった馬が出てしまったことが原因ですが、今回の笠松競馬場と違い、阪神競馬場は事故以降、そのゲートを完全に閉じてしまいましたからね。すぐに打てる手を打つと打たないのとでは、結果は大きく違うのです。

笠松競馬場は、本当に抜本的な対策を施さない限り、2度目の惨事も充分に起こりうると言わざるをえないでしょう。経営が厳しいらしいので、これをきっかけに・・・

この記事の関連リンク
軽が脱走競走馬に衝突、対向車線へ…1人死亡 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(※1)

当ブログの関連記事
遭遇しなくて良かったというか・・・(阪神競馬場から競走馬逃走)

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「警備の予算をケチったのが原因かも」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

PC周辺機器メーカーアイ・オー・データのダイレクトストア「ioPLAZA」

アフィリエイトはここからスタート! >> リンクシェア

本当に美味しいチーズとは、【ナチュラルチーズ専門店】にしかありません!

高速モバイル通信がこんなに安い!【イー・モバイル】月々1,000円~

経営者保険なら法人保険市場

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する