QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

怪物対怪物(藤浪、大谷直接対決!) 
阪神タイガース(去年まで)  [ 2013/05/26 23:06 ]

今日の注目カードの筆頭は、間違いなくこれでしょう!
聖地不敗のトラの怪物藤浪と、投打二刀流の北の怪物大谷、2人の直接対決がプロの舞台で初めて実現しました。

阪神 - 日本ハム(2回戦)
甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Fighters 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
Tigers 6 0 0 1 0 0 0 0 × 7
藤浪 4勝1敗
S
武田勝 2勝3敗
HR

大谷選手が打席に入る前に、昨夜の白井球審のアシスト?からのサヨナラ勝ちをした阪神が、その勢いをそのまま初回に一気に爆発させて試合を決めてしまったので、緊迫度は下がったことが、逆により2人の直接対決を注目させたと思います。

結果は3打数で2塁打2つ、大谷選手が打ち込んだ形となりました。打者大谷がスゴいことは十二分に理解させられましたが、藤浪投手も試合で結果を出しているので、今回は優劣をつける必要はないでしょう。

藤浪投手は今回も期待通りの結果を出したので、何も言うことはありませんが、大谷選手の打者としての能力が新人ではないことだけは間違いないと思います。あれで、そこそこ走れて、えげつない肩を見せ付けるわけですから、野手として使いたいというのは本当によくわかるというものです。

それだけだったら、今後は「野手大谷」としてやって行くとすれば済むのですが、投手でもスゴいかもしれないという片鱗を見せ付けてしまったのが、現場を大きく悩ませている理由なんでしょう。
「怪物も度が過ぎれば・・・」ということですかね。

Amazonのベストセラー書籍

「ホント、どうするんやろ・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ANAで行く国内・海外旅行

全国31店舗展開!BTOパソコンならドスパラへ!

シャープ いい暮らしストア

自動車保険満期前のあなた!今すぐ見積り!!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する