QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「腐食」に負ける・・・(北朝鮮、ムスダンを撤去か?) 
過去の「中朝韓」ニュース  [ 2013/05/07 22:53 ]

今回も瀬戸際外交による「チキンレース」を仕掛けた北朝鮮ですが、今回は思わぬところで足元をすくわれた?

米当局筋によると、北朝鮮は、2基の中距離弾道ミサイル「ムスダン」について、発射準備の態勢を解除し東海岸の発射場から移動した。米当局筋がロイターに明らかにした。

引用元:北朝鮮のミサイルが発射場から移動、発射準備の態勢解除=米当局筋 | Reuters

北朝鮮の敗因は、ムスダンの液体燃料が腐食性の強い非対称ジメチルヒドラジンだったことでしょう。ムスダンのモデルとなったR27弾道ミサイルを開発したロシアは、それでもある程度の対腐食性のノウハウを持っているのでしょうが、北朝鮮の技術力で、そこまではムリでしょうからね。そうでなければ、この時期に発射解除なんかしないはずです。

「テポドン2」の打ち上げの成功が、今回の北朝鮮の敗因かもしれません。打ち上げの成功で、各国はリアルの脅威として受け止めるので、脅威だけではなく、問題点も冷静に受け止めるのです。大々的に脅威を煽られている「弾道ミサイル」ですが、燃料注入と腐食性に問題があるので、所詮は奇襲には向いていないと足元を見られたということでしょう。

今回の件で、北朝鮮の中長距離弾道ミサイルが所詮、張子の虎に過ぎないことが露呈はしましたが、まだまだナメるには程遠いと言わざるをえないでしょう。彼らの最大の武器は特殊部隊による奇襲ですし、ノドンの燃料注入は地下施設でわずか1時間程度で済みますから。

この記事の関連リンク
ムスダン (ミサイル) - Wikipedia
R-27 (弾道ミサイル) - Wikipedia
非対称ジメチルヒドラジン - Wikipedia

Amazonのベストセラー書籍

「時には技術の進歩も仇となる?」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®を一年中楽しむなら年間スタジオ・パス!

ネット注文ならさらに5%OFF!!ドミノオンライン本店 【ドミノ・ピザ】

産地から『旬』をお届けします コメリ産直市場

無料で保険の見直し相談はコチラ!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://krimshow.blog56.fc2.com/tb.php/2863-dc2c1ba3

さて、すでに1ヶ月近く、北朝鮮のロケット花火がどこかに飛んでいくかも知れない状態
[2013/05/08 07:34] BBRの雑記帳