QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

桜田門の『番外』変?(彦根市長選挙、新人の大久保氏が当選) 
過去の時事ネタ(政治)  [ 2013/04/22 22:53 ]

ここまでの「自爆劇」は滅多にないでしょう。
いくら争点がないからと言って、自分の首を絞めてしまうシナリオを書いたら話しになりません。

21日投開票された滋賀県彦根市長選で、4選を目指した現職の獅山向洋(ししやまこうよう)さん(72)が、新人で元県議の大久保貴さん(49)に敗れた。目立った争点がない中、選挙戦で話題になったのが1860年に彦根藩主で大老の井伊直弼(いいなおすけ)が暗殺された「桜田門外の変」。自民党支持者の分裂に加え、獅山さんが新人で元参院議員秘書の有村国知さん(38)を「桜田門外の変に参加した一族の子孫」と攻撃したことが選挙結果に影響したとの見方も出ている。

引用元:彦根市長選:「桜田門外」言及裏目か 落選現職、対立候補の先祖批判- 毎日jp(毎日新聞)

150年後の「番外変?」は、両者共倒れでした・・・
保守分裂が最大の敗因なのかもしれませんが、くだらないことに巻き込まれて道連れにされた形になった有村氏にとっては、本当にいい迷惑にもほどがあると言わざるをえないでしょう。

これでも十分ですが、今回の自爆劇のロクでもないところは、
獅山氏自身が1989年に井伊直弼のひ孫で当時市長だった井伊直愛氏を「討ち取っている」ことでしょう。(※1)
ボケているであろう獅山氏が、16年前のことなど記憶の片隅にもないことは間違いないのでしょうが、意外と市民は、このようなことを覚えているものです。

外部の人間は「お笑い」だけで済みますが、地元にとっては「後始末」が大変だと思います。くだらないことで恥と分裂してしまったものを、元通りにしなければなりませんから。

この記事の関連リンク
桜田門外」論争の現職落選…彦根市長選 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(※1)

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「ロクでもない『自爆劇』や」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

自動車保険満期前のあなた!今すぐ見積り!!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する