QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

これも銃の悲劇(両足義足のランナーのピストリウス、自宅に女性の遺体) 
過去の時事ネタ(海外)  [ 2013/02/14 23:07 ]

治安が悪く、銃が日常に存在している所では、親しい人の家にも安心して訪問できないということですね。勘違いで撃たれることもなきにしもあらずですから。

南アフリカの警察当局は14日、昨年のロンドン五輪で陸上男子400メートルなどに出場、注目を集めた両脚が義足のオスカー・ピストリウス選手(26)の首都プレトリア内にある自宅で女性の射殺された遺体が発見されたと発表した。

遺体で発見された女性はピストリウス選手のガールフレンドと見られる。

引用元:CNN.co.jp : 両脚義足のピストリウス選手宅に女性遺体

まだ詳細はわからないようですが、恋人を侵入者と間違えて射殺したとなれば、本当に救いようのない悲劇でしょう。はっきり確認しない状態でも発砲できてしまうという銃の恐ろしいところが、最悪の形で出たと言わざるをえないでしょう。それが事実でないとしても、同様と言わざるをえないでしょう。失われた命が戻るわけではありませんからね。

このような事件が発生すると、一生、銃を手にすることが機会がない人が、ほとんどいない日本人の感覚からすると、銃の悪さにばかり目が行きがちになるのですが、南アフリカの犯罪の多さを考えると、そんなことも言ってられないというのも現実でしょう。相手が凶悪だと、近づく前に止めないと自らの身に危険が及びますからね。犯罪が多いと、自らの身を守るためにと言わざるをえないことも事実なのです。

どういう結果になろうとも、本当に救いようのない悲劇であることだけには変わりないですね。本当にそれしか言えません。

Amazonのベストセラー書籍

「犯罪を減らさんことには・・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®を一年中楽しむなら年間スタジオ・パス!

ネット注文ならさらに5%OFF!!ドミノオンライン本店 【ドミノ・ピザ】

産地から『旬』をお届けします コメリ産直市場

無料で保険の見直し相談はコチラ!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://krimshow.blog56.fc2.com/tb.php/2790-7078c1d1

今日まで、こっちで見られる英語系ニュースではやはりこれが相当なパートを占めてまし
[2013/02/16 13:30] BBRの雑記帳