QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇は未だ深し(大津中学生自殺、学校側が調査結果を隠蔽) 
過去の時事ネタ(事件)  [ 2013/01/29 23:18 ]

もう驚かなくなったことが・・・

大津市で11年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、生徒が自殺前にいじめに関して「死にたい」と同級生に相談していたことを学校側が調査で確認しながら、公表していなかったことが分かった。また、この調査を受けて校長が、自殺の6日後にあった校内会議で、いじめとの因果関係を認めていたことも判明した。いずれも滋賀県警が押収した学校の内部資料に記録が残っていた。

引用元:大津・中2自殺:「死にたい」同級生に相談 学校、調査記録隠す 校長「自殺の要因」- 毎日jp(毎日新聞)

警察の手が伸びた時点で、この事件に関する学校および教育委員会の機能は停止に陥ったので、「今まで隠していた」というのは違うのでしょうが、学校現場の隠蔽体質は、本当に隅々まで行き届いているという事実だけは否定できないでしょう。全てが全てとまでは言いませんが、「あわよくば隠蔽してしまおう」という考えがあったことだけは間違いないはずです。

この大津の事件で感じることは、教育現場の危機管理が本当にできていないということです。残念ながら、事件自体はどうすることもできないですが、それ以外のことは、適切な判断ができていれば、事態の悪化を阻止できたはずです。

そのあたりの判断ができる機能が存在していないことが教育現場の闇を生む最大の要因かもしれません。どうなるかわからず不安になれば、隠蔽に走るのが人間の心理ですからね。

もうこれ以上はないことを信じたいですが、まだ何かありそうな気がするんですよね。隠蔽の当事者に欠けている部分がありますし・・・。

当ブログの関連記事
他人任せの代償(大津市中学校自殺事件、警察が立ち入り捜査)
組織は『自己正当性』に走る(大津市立中学生自殺事件)

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「教育長も公選で選ぶべき」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

自動車保険満期前のあなた!今すぐ見積り!!

スポンサーサイト
コメントありがとうございます。

>  いじめの実態を知りながらそれを公表しなかったという学校の対応は、正直言って「臭いものには蓋をする」的なもので、全くもって許されないですね!!

それだけではなく、腐敗ガスの圧力で蓋が壊れそうになっているにも関わらず、蓋をしようとしているさまが愚かさを感じさせますね。

>  何でもそうだが、自分たちにバツの悪いようなことが明るみとなると、すぐに隠蔽に走る体質は日本社会の悪しき慣習化している感じに見えますね。これはかつての企業不祥事や公務員不祥事での当事者のまずい対応が根拠ですが。

「隠蔽と公表」、どちらが得になるかを教育していない日本社会の悪い面が出ていますね。
[ 2013/01/30 22:52 ] [ 編集 ]
 こんにちは。

 いじめの実態を知りながらそれを公表しなかったという学校の対応は、正直言って「臭いものには蓋をする」的なもので、全くもって許されないですね!!

 教育現場の危機管理と言うものが全然なっておらず、むしろ自分たちの保身の為に助けを求めている男子生徒を見捨てたとしか言いようがない。

 何でもそうだが、自分たちにバツの悪いようなことが明るみとなると、すぐに隠蔽に走る体質は日本社会の悪しき慣習化している感じに見えますね。これはかつての企業不祥事や公務員不祥事での当事者のまずい対応が根拠ですが。

 自分の保身を優先するあまり、問題を隠してなかったことのようにするのは、チベット問題や人権問題での中国政府の対応と何ら変わらない。
[ 2013/01/30 15:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する