QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

これが本当の「アベイズム」(安倍首相、尖閣問題で中国を強く牽制) 
過去の「中朝韓」ニュース  [ 2013/01/11 22:01 ]

政権発足以降、アベノミクス(通称「日銀万札輪転機論?)ばかりがメディアの話題の先頭を走る安倍政権ですが、これが本当の「アベイズム」でしょう。

安倍晋三首相は11日午前、官邸で記者会見し、中国が沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張していることに関し「交渉する余地はない。政治的目的を達成するため、日系企業、邦人に被害を与えることは国際社会に責任ある国家として間違っている」とけん制した。

引用元:首相、尖閣問題で中国けん制 「交渉する余地はない」 - 47NEWS(よんななニュース)(※1)

ようやく支持層の期待する「アベイズム」というのを出してくれました。いくらアベノミクスと言ったところで、コアな支持層だけでなく反支持層でも、安倍首相に最も期待していることは、「対中強行戦略」ですからね。これがなければ、安倍政権は、単なる莫大な国や地方の借金に目をつむってバラ撒く公共事業をしようとしているだけと言われても仕方がないでしょう。

ただ最初から強く出たことは評価できるものの、少し追い詰め過ぎかなという面も否定できないでしょう。交渉の余地なしという姿勢を強く見せつけることは支持しますが、最初から同時に、”政治的目的を達成するため、日系企業、邦人に被害を与えることは国際社会に責任ある国家として間違っている”(※1)と言ってしまうと、相手の面子を完全に潰すだけでなく、逃げ道すら完全に奪うようなものですからね。これまでの日本が弱腰過ぎたという面も否定しませんが、だからと言って、相手の逃げ道を完全に塞ぐべきでないことも事実なのです。

中国にとって、今回の安倍首相の会見は、逃げ道のない状態で面子を潰されたも同然なので、実は結構、深刻になるかもと心配しています。逆にこれで目立った反応を示さなければ、尖閣問題は日本の完全勝利に終わるでしょう。次の選挙で安倍政権を本当に信任するかを決めたいので、それまでにはカタを付けてほしいものですが、どうなることやら・・・

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「もちろん、楽な後者になってほしい」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

PC周辺機器メーカーアイ・オー・データのダイレクトストア「ioPLAZA」

アフィリエイトはここからスタート! >> リンクシェア

本当に美味しいチーズとは、【ナチュラルチーズ専門店】にしかありません!

高速モバイル通信がこんなに安い!【イー・モバイル】月々1,000円~

日本最大級の保険一覧比較サイト「保険市場」

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する