QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

高いリスクに低い調査(万里の長城ツアー遭難事故) 
過去の時事ネタ(海外)  [ 2012/11/05 22:59 ]

3年前の北海道での遭難事故と同じ会社が企画していたんですね。

中国の河北省の万里の長城を訪れていた、日本人観光客4人を含む5人が大雪で遭難した事故で、4人は、東京・千代田区の旅行会社「アミューズトラベル」が企画したツアーに参加していました。
3年前に北海道の大雪山系のトムラウシ山で、ツアーガイドを含めた登山者8人が低体温症で死亡する遭難事故が起きたツアーも、この会社の企画で、会社は観光庁から51日間の業務停止命令を受けていました。

引用元:遭難事故の旅行会社 3年前の大雪山系の事故も企画 NHKニュース

元々、リスクの高いツアーを中心に企画する会社なので、他のツアー会社と比較するのは違うのかもしれませんが、情報と安全対策が万全であれば、より被害を低減できたと言わざるをえないでしょう。はっきり言ってしまうと、このようなリスクの高い企画をするだけの能力がない企業と言わざるをえないということです。

後で何を言っても、何の役にも立たないことは事実でしょうが、今回の事故をもたらした最大の原因は、初取引の相手にも関わらず、現地の下見を怠ったことだと思います。万里の長城を専門に扱っている業者という理由だけで、下見の必要なしと判断するくらいに全面的に信用したのでは、手抜きと言われても仕方がないでしょう。

北海道での遭難事故は、百歩譲ってリスクの高い企画をしている企業だからという面もありましたが、2回目となると、このようなリスクの高い企画をする資格がないと言わざるをえないでしょう。天候を軽く見たことが原因という点が、前回と同じですからね。

この記事の関連リンク
時事ドットコム:ツアー前、現地下見せず=現地会社から情報収集のみ-万里の長城邦人死亡・旅行会社

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「『これにて退場』でしょう」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

無料で保険の見直し相談はコチラ!

スポンサーサイト
コメントありがとうございます.

>  万里の長城を観光するツアーに参加した日本人旅行者が大雪に遭い遭難した事故で、このツアーを企画したアミューズトラベル社が批判の対象に挙がってますが、原因としてあげられるのは現地調査をろくにせず安全面を疎かにしたことではないでしょうか。

客のレベルを考えると、安全面を手抜きしたとしか言えないですね。

>  この会社は、過去にも北海道のトムラウシ山登山ツアーを企画し遭難事故に遭い8人が死亡したことで業務停止処分を受けていた「前歴」がある為に、またも同じミスを繰り返したとしか言えないです。

前回と同じ客層なので、それは否定できないですね。

>  またも間違いを犯し大事故に発展したと言うケースは、この前金沢でのエレベーター事故でまた叩かれたシンドラー社と同じですが、アミューズトラベル社もまた同じ穴のムジナですね。利用者の安全を二の次にして手抜き体質を露呈したことに変わりはありませんから。

この会社は中の下以下のレベルの客を扱う資格がないことだけは確かでしょう。
[ 2012/11/06 20:21 ] [ 編集 ]
 こんにちは。

 万里の長城を観光するツアーに参加した日本人旅行者が大雪に遭い遭難した事故で、このツアーを企画したアミューズトラベル社が批判の対象に挙がってますが、原因としてあげられるのは現地調査をろくにせず安全面を疎かにしたことではないでしょうか。

 この会社は、過去にも北海道のトムラウシ山登山ツアーを企画し遭難事故に遭い8人が死亡したことで業務停止処分を受けていた「前歴」がある為に、またも同じミスを繰り返したとしか言えないです。

 またも間違いを犯し大事故に発展したと言うケースは、この前金沢でのエレベーター事故でまた叩かれたシンドラー社と同じですが、アミューズトラベル社もまた同じ穴のムジナですね。利用者の安全を二の次にして手抜き体質を露呈したことに変わりはありませんから。
[ 2012/11/06 14:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する