QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

三強の時代へ(ソフトバンク、イーアクセスを完全子会社化) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2012/10/01 22:20 ]

競争に生き残るためには、「相手に勝つこと」が最も重要でしょうが、実はもう一つあったりします。

国内携帯電話3位のソフトバンクは1日夕、同4位のイー・アクセスを買収すると発表した。2013年2月に株式交換で完全子会社する。イーアクセス株1株に対しソフトバンク株16.74株を割り当てる。イーアクセス株の評価額は1株5万2000円で単純計算すると買収総額は約1800億円に上る。イーアクセス株は2月25日に上場廃止になる予定。

引用元:ソフトバンク、2月にイー・アクセスを完全子会社化  :日本経済新聞

ソフトバンクの十八番、「企業買収」が最高のタイミングで炸裂しました。iPhone5の影響で逼迫しつつあるソフトバンクの通信設備をイーアクセスの通信設備を使うことで、完全にとは言わないまでも大きく回避できますからね。これで同じくiPhoneを販売しているauに対して、大きなマージンを築くかもしれません。

見方によっては、契約数がauを抜いて2位になったソフトバンクですが、今回の買収で携帯キャリアが事実上、三社だけになってしまったので、「次は・・・」というと、結構難しいかもしれません。三社以下になってしまうと、シェアが安定する傾向がより強まるので、ソフトバンクの企業思考である「シェアの拡大」が進まなくなるのです。このあたりにどう手を打てるかが、今後のソフトバンクの課題でしょう。

ソフトバンクの思惑とは違うかもしれませんが、これで日本の携帯キャリアも安定の時期への入口ということでしょう。良い悪いは別としてもね。

この記事の関連リンク
ソフトバンクがイー・アクセスを買収、LTEを強化、契約数はauを抜き業界2位に -INTERNET Watch

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「au、これからが大変だ」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

無料で保険の見直し相談はコチラ!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する