QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

打たれ弱いイメージが(安倍晋三氏、逆転で自民党新総裁に) 
過去の時事ネタ(政治)  [ 2012/09/26 23:03 ]

中道左派で自民党を支持していない私でも、人間的には尊敬に値する人物だと思うのですが、この人の弱点を考えると・・・

自民党総裁選挙は、1回目の投票では5人の候補者のいずれも過半数を獲得できず、国会議員による決選投票が行われた結果、安倍元総理大臣が、1回目に1位だった石破前政務調査会長を逆転し、新しい総裁に選出されました。
自民党の総裁経験者が再び総裁に選出されたのは初めてです。

引用元:自民党 安倍氏を新総裁に選出 NHKニュース

長老議員の受けが極めて悪い石破氏が、決選投票で勝てる可能性が極めて低いことは、前からわかっていたので、1回目の投票で石原氏を降した段階で安倍氏の勝利は決まったと言えるでしょう。ただ石破氏が決選投票でも大健闘したので、内容は薄氷の勝利だったんですけどね。

ただ、決選投票で石破氏と僅差だったことが、やり方次第では逆に安倍氏に良い方向に働くかもしれません。安倍氏も「派閥の掟」を破って出馬したので、党員投票で圧倒的な得票を得た石破氏を要職に就けることに成功しさえすれば、派閥の旧体制復帰を目論む老害長老議員の影響力を可能な限り排除できますからね。事実、安倍氏は早速、石破氏を要職に就ける方向に動いているようです。(※1)

言うまでもなく、安倍氏の唯一かつ最大の弱点は持病の潰瘍性大腸炎でしょう。安倍氏は新しい薬が出て問題がなくなったと言っていますが、病気が治ったわけではないですからね。直接ストレスとは関係ないとは言いますが、緊張を強いられる事態での耐久力と信頼性という点では、非常にウィークポイントと言わざるをえないでしょう。

安倍氏のウィークポイントを払拭する最初で唯一のチャンスは、野田首相を内外の抵抗に屈することなく粘り強く早期解散に追い込むことでしょう。逆に言うと、そこで少しでも弱い所を見せたら、その時点でアウトです。中国と韓国はこれ以上に情け容赦なく痛振ってくるはずですから。

(おまけ)1回目の投票で大差で3位に沈んだ石原伸晃氏は、これで上に行ける芽が、ほぼなくったと言わざるをえないでしょう。トップの背中を平気で撃つような人物を側近に任せようとは思いませんからね。

この記事の関連リンク
安倍新総裁「政権奪還へ全力」 石破氏を要職起用へ - 47NEWS(よんななニュース)(※1)

Amazonのベストセラー書籍

「最初から火中の栗を拾いに行け!」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ANAで行く国内・海外旅行

全国31店舗展開!BTOパソコンならドスパラへ!

シャープ いい暮らしストア

無料で保険の見直し相談はコチラ!

スポンサーサイト
コメントありがとうございます。

>  石破茂氏との混戦を制し、次期自民党総裁の座をつかんだ安倍晋三元総理、地方票では石破氏に敵わぬも国会議員票で勝利したのは、おそらく自民党内部に「この国難を乗り切るには保守的な人間しかいない」と言う考えが多かったのではないかと言えます。

これに関しては、「脱派閥色」の強い石破氏を長老議員たちが嫌ったことが第一だと思います。

>  総裁に返り咲き、おそらく解散総選挙で自民党が勝てば総理の座にまた返り咲く可能性もありますが、懸念すべき材料は精神面でしょう。

この人の場合は精神面よりも潰瘍性大腸炎をどこまでコントトールできるかですね。
これさえなければ、精神面が弱いという面もなくなるはずです。

>  あとは総理在職中に「お友達内閣」だったことが仇となって精神的なストレスがたまったこともありますが、今回の組閣作りでいわゆる「お友達」だけで固めなければいいけど・・・。

これはどこまで「石破支持層」を登用できるかに掛かっていると思います。

>  汚名返上のチャンスとしては、やはり民主党政権を解散に追い込むことでしょう。もう弱いところなど許されない。

今回は前回よりも状況が厳しいので、これから数ヶ月の野党時代に試されるでしょう。
[ 2012/09/27 20:35 ] [ 編集 ]
 こんにちは。

 石破茂氏との混戦を制し、次期自民党総裁の座をつかんだ安倍晋三元総理、地方票では石破氏に敵わぬも国会議員票で勝利したのは、おそらく自民党内部に「この国難を乗り切るには保守的な人間しかいない」と言う考えが多かったのではないかと言えます。

 総裁に返り咲き、おそらく解散総選挙で自民党が勝てば総理の座にまた返り咲く可能性もありますが、懸念すべき材料は精神面でしょう。

 やはり「健康上の理由」で半ば“投げ出し”同然で辞任したイメージが未だにあるせいか、いわゆる「打たれ弱い」印象もあり、それを克服しているかどうかでしょうね。リーダーたるものこんな精神的に弱ければ話になりませんから。

 あとは総理在職中に「お友達内閣」だったことが仇となって精神的なストレスがたまったこともありますが、今回の組閣作りでいわゆる「お友達」だけで固めなければいいけど・・・。

 汚名返上のチャンスとしては、やはり民主党政権を解散に追い込むことでしょう。もう弱いところなど許されない。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来て下さいませ。
[ 2012/09/27 15:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://krimshow.blog56.fc2.com/tb.php/2669-f378a3f5

ポスト谷垣−自民党総裁は安倍晋三氏に(BLOGOS)  自民党は26日午後、総裁選の投開票を行い、新総裁に安倍晋三元首相(58)(町村派)を選出した。  安倍氏は1回目の投票 ...
 自民党の新しい総裁は、石破VS安倍の決選投票で安倍氏が選出され、党員票の差を逆転して再登板することになっています。
[2012/09/27 15:08] 独 言 工 房