QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

明日は「尖閣銀座」(中国漁船、尖閣に1,000隻襲来か?) 
過去の「中朝韓」ニュース  [ 2012/09/17 22:43 ]

最近は急速に近代化が進んでいはいるものの、中国と言えば、やっぱこれでしょう。

中国国営の中央人民ラジオは、休漁期間が終了したことから、17日、沿海部の浙江省や福建省などから漁船1万隻余りが出港し、このうち1000隻が、17日午後、尖閣諸島の周辺海域に到達する見通しだと報じました。
さらに、漁業当局が、「海上での漁船の保護や法の執行などの準備を整えている」と伝え、政府の漁業監視船が漁船に同行していることを示唆しています。

引用元:“漁船1000隻が尖閣に”と報道 NHKニュース

中国の十八番、人海戦術ならぬ「船海?」戦術を尖閣で炸裂させることをネタに日本に脅しを掛けてきたようです。尋常ならぬ「船海?」戦術で日本の尖閣国有化を数の力で藻屑と葬りたいというのが、理想のシナリオなのでしょう。

東京都の尖閣諸島購入を表明以降、尖閣問題は日本と中国の対立になっていますが、その間に一国あることを忘れてはならないでしょう。台湾も領有権を主張しているです。

数隻程度ならば、日中間の対立だけで済みますが、中国の言うように1,000隻も尖閣に襲来するとなると、否応なく台湾も領有権闘争に巻き込んでしまうのです。いくら尋常ならぬ船海戦術とはいえ、日本と台湾で前後を挟まれる形になるのは、さすがにマズイのです。台湾が親中派の国民党政権とはいえ、ケツを安心できるほどの関係ではありませんから、可能な限り、台湾に動く機会を与えたくないのです。余計な敵は増やさないのが、外交ゲームの基本的戦術ですからね。

最初に尖閣周辺海域に襲来する中国漁船は1,000隻ではなく、最初は海上保安庁がギリギリ対応できるレベルを見越した数になるでしょう。最初から最大規模で襲来させたら、当局のコントロールが及ばなくなって、最悪「東シナ海の海賊漁船」と化してしまう可能性も否定できないですからね。それを考えると、最初は神経戦になるとは思いますが、もう日中両国とも選択肢がないから、その後は読めんのだよなぁ。

この記事の関連リンク
中国漁船1千隻、尖閣周辺海域へ…一層緊迫も : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

当ブログの関連記事
火遊びが大火に(中国の『反日暴動』、当局が鎮圧へ)
ご挨拶は6隻で?(中国、尖閣沖に海洋監視船を送り込む)
竹島で「矛」、尖閣で「盾」(尖閣諸島、国の購入確定
表裏内外闇深し・・・(尖閣諸島、国が購入へ)
してやったりですね(石原都知事、尖閣諸島の都有地化交渉か))

Amazonのベストセラー書籍

「すべては明日に決まる」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®を一年中楽しむなら年間スタジオ・パス!

ネット注文ならさらに5%OFF!!ドミノオンライン本店 【ドミノ・ピザ】

産地から『旬』をお届けします コメリ産直市場

無料で保険の見直し相談はコチラ!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する