QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ただ寂しいのみ(金本選手、今季限りで引退) 
阪神タイガース(去年まで)  [ 2012/09/12 22:21 ]

2000年代のタイガースを屋台骨を築き支えた鉄人が、今季限りでユニフォームを脱ぐことを決めました。

 阪神の金本知憲外野手(44)が12日、西宮市内のホテルで会見を行い、今季限りで引退することを発表した。

 金本は冒頭で「私、金本知憲は今季限りを持ってユニホームを脱ぎ、引退する決意をし、今日発表させていただきます」と話した。「10日くらい前に考え始め、本当の決断はおとといくらい」とし、理由については「いろいろ理由はあるが、自分に対して『限界かな?』という思いと、時代の流れ。いつまでもいい時のパフォーマンスを出せない自分がいるのも」と語った。

引用元:金本が会見「10日前決めた限界かな」/タイガース速報/デイリースポーツ online

今シーズン、金本選手の起用法に対して厳しく批判し続けてきましたが、いざ現役引退を表明したとなると、ただただ寂しいのみです。何だかんだ厳しく言ったところで、私の心の中に来季も金本選手がタイガースにいるという安心感みたいなものがあったのでしょう。ギリギリの所で結果を出す金本選手を何度も見続けてきましたからね。

ただ、個人的に金本選手の引退が近いと感じさせたのは、マートンが昇格後、レフトを守り続けていることでした。それが金本選手に対する「(来季現役を続けても)もう来季は守る場所がない」というメッセージだったと思います。和田監督も来季も一緒にプレーするというのは偽らざる心境だったとしても、外野の守備を任せられないという思いも現実だったはずです。

タイガースは金本選手の精神的依存度が高いチームなので、その大黒柱がいない来季は、あらゆる意味で厳しいシーズンを強いられると思いますが、何年かけても乗り越えて新たな栄光をつかまないとならないことに変わりはありません。日本一のタイガースファンがそれを強く待っていますから。

この記事の関連記事
引退表明の阪神・金本「新井兄弟が後押ししてくれた」 - スポーツナビ

Amazonのベストセラー書籍

「2005年の初芝みたいにならんかなぁ」(※1)と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

(※1)初芝選手は本拠地での引退試合後、今江が怪我をしたので、翌日から3試合連続スタメン出場し、日本シリーズ終了後までベンチに入った。

ANAで行く国内・海外旅行

全国31店舗展開!BTOパソコンならドスパラへ!

シャープ いい暮らしストア

無料で保険の見直し相談はコチラ!

スポンサーサイト
コメントありがとうございます。

>  右肩の故障以降、守備もそうだが打撃も全盛期ほどのパワーが無くなってしまったことで、これ以上チームにいては迷惑がかかるとでも思ったのかと言えます。

恐らく右肩を手術していたら、あと2,3年は行けたと思うので、本当に鉄人だったと思います。

>  今シーズンはさんざん厳しい批評をした私ではありますが、引退となると惜しいです・・・。

今シーズンは散々厳しいことを言ってきましたが、いざいなくなるとなると、ただ寂しいです。

>  仰る通り、金本への依存度が高い今の阪神、新しい精神的支柱と言うか大黒柱が必要ですが、鳥谷は来シーズンも残るかどうか微妙だしなァ・・・。

これを機に2,3年以上のスパンをとって、思い切って完全に世代交代をしてしまうのもありかなと思ったりもします。
[ 2012/09/13 20:25 ] [ 編集 ]
 こんにちは。

 突然の引退表明を行った金本ですが、阪神に多大な足跡を残しただけに非常に惜しいと言うか、平成の「鉄人」にも衰えには勝てなかったのかと言うか・・・。

 右肩の故障以降、守備もそうだが打撃も全盛期ほどのパワーが無くなってしまったことで、これ以上チームにいては迷惑がかかるとでも思ったのかと言えます。
 今シーズン2500本安打達成はある意味「置き土産」だったのでは。

 今シーズンはさんざん厳しい批評をした私ではありますが、引退となると惜しいです・・・。
 仰る通り、金本への依存度が高い今の阪神、新しい精神的支柱と言うか大黒柱が必要ですが、鳥谷は来シーズンも残るかどうか微妙だしなァ・・・。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来て下さいませ。
[ 2012/09/13 14:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する