QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

日本らしい解決法・・・(選手会、WBC不参加を撤回) 
スポーツ(野球)  [ 2012/09/04 22:45 ]

出場ということになったことは良かったのでしょうけど、何とも言えない煮え切らなさを感じることも否定できないですね。

 労組日本プロ野球選手会(新井貴浩会長・阪神)は4日、大阪市内で来年3月の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の参加問題について再協議し、7月の臨時大会で採択した不参加決議を撤回、大会への参加を決めた。

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で記者会見した新井会長は撤回理由について、(1)日本代表のスポンサー権譲渡などの要望がおおむね実現された(2)確立した権利を生かすための体制作りを日本野球機構(NPB)が確約した−−の2点を挙げ、「要望はおおむね実現した。これからはライセンスをしっかり管理し、体制作りをしてほしい」と述べた。

引用元:WBC:日本出場へ…プロ野球選手会、不参加決議を撤回- 毎日jp(毎日新聞)

別口のカネを立てることで、問題の根源から逃げるという点が、いかにも日本らしいと言わざるをえないでしょう。WBCに出場することでアメリカの顔にドロを塗らず、「侍ジャパン」という別口でカネを集めることで、選手会の顔を立てたという事ですからね。

今回の解決策がWBCにおける日米間の諸問題の解消に何ら貢献しないどころか、先送りしたに過ぎないことは、冷静に考えればわかると思います。「侍ジャパン」という別枠でスポンサーを集めるのは構いませんが、それに伴う日本のスポンサーマネーを大会の運営資金の拠り所にしているWBCへの影響を一切考慮していませんからね。これまで同様にWBCにも資金を投入すれば問題ないのですが、集まる額があまり変わらないとなると、最悪、両方を裏切ることとなるのです。

WBC不参加が回避されたことは、喜ばしいことなのでしょうが、まだまだこれで安心とは言えないでしょう。出せるカネの量は限られているはずですから。

この記事の関連リンク
時事ドットコム:「主張はおおむね実現」=新井会長の一問一答-WBC参加
日本 WBC参加濃厚に 侍ジャパンで4年40億円確保へ ― スポニチ Sponichi Annex 野球

当ブログの関連記事
まだ不確定要素アリ(WBCのスポンサー権、日本側に有りで合意?)
妄言にも限度がある(NPB、「裏技」で選手会説得か?)(※2)
最大の責任は無能な背広組(プロ野球選手会、WBC不参加を表明)

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

「まだ土壇場で揉める可能性アリ」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

“カンタン・キレイ・色あせない”FUJICOLORデジカメプリント

ソニーストアのVAIOキャンペーン一覧

【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!

自動車保険満期前のあなた!今すぐ見積り!!

スポンサーサイト
コメントありがとうございます。

>  すったもんだの末にWBC参加を決めたプロ野球選手会、これは選手会側の訴え(独自のスポンサー権を日本側に帰属するなど)が通ったと言うのは半ば表向きだが、その権利を尊重する目的でNPBがこれを承諾したことで参加に動いたと言えますね。

読売新聞社が独自にWBCIと日本開催分の興行権の一部をNPBに譲渡することで、カネを捻り出したみたいです。

>  独自スポンサー権と言う「抜け穴」を利用し、それを管理することで不平等な収益配分問題を解消すると言うのは、どうなんでしょうか? もしこれを受け他のWBC参加国が「だったら我々も!」なんて同じような動きを見せたらどうなるのやら・・・。

そうなったら、WBCは今回限りで終わるでしょう。

>  今回参加表明したことで、この問題にも終止符が打たれる感じですが、そもそもの原因がアメリカに偏りがちな収益配分比率だとすれば、アメリカは他国への配慮が欠けていると言うところを露呈したとも言えます。

基本的にMLBは自分たちの懐が第一で、野球の世界一を決めようなんて言う気はないんですよね。
[ 2012/09/05 20:26 ] [ 編集 ]
 こんにちは。

 すったもんだの末にWBC参加を決めたプロ野球選手会、これは選手会側の訴え(独自のスポンサー権を日本側に帰属するなど)が通ったと言うのは半ば表向きだが、その権利を尊重する目的でNPBがこれを承諾したことで参加に動いたと言えますね。

 独自スポンサー権と言う「抜け穴」を利用し、それを管理することで不平等な収益配分問題を解消すると言うのは、どうなんでしょうか? もしこれを受け他のWBC参加国が「だったら我々も!」なんて同じような動きを見せたらどうなるのやら・・・。

 今回参加表明したことで、この問題にも終止符が打たれる感じですが、そもそもの原因がアメリカに偏りがちな収益配分比率だとすれば、アメリカは他国への配慮が欠けていると言うところを露呈したとも言えます。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来て下さいませ。
[ 2012/09/05 13:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する