QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ムダ過ぎる努力(東邦大准教授、論文172本でデータ捏造) 
過去の時事ネタ(事件)  [ 2012/09/03 22:38 ]

「世界記録」を達成するまで生き残れたのですから、人並みならぬ努力をしていたことだけは確かでしょう。ムダ過ぎる努力ですが・・・

 元東邦大准教授の麻酔科医・藤井善隆医師(52)の論文に不正の疑いが持たれている問題で、日本麻酔科学会(森田潔理事長)は29日、藤井医師が執筆した論文212本のうち少なくとも172本にデータ捏造(ねつぞう)の不正があったとする調査結果を発表した。学会によると、不正が認定された論文数としては世界で過去最多という。

引用元:元東邦大准教授:論文172本のデータ捏造、学会が認定- 毎日jp(毎日新聞)(※1)

捏造率81%、これでは論文作成に力を注いだのか、データの捏造に力を注いだのかわからなくなってしまいます。1度や2度ならば、バレないかもしれませんが、172回もするとなると、整合性を見せかけるだけでも並々ならぬ努力をようするはずですからね。ハッキリ言って、ここまでするのであれば、多少少なくなっても真面目に作成する方がラクだったのではないかと思ったりもします。少なくとも、学会から追放されることはなかったはずですからね。

今回の捏造発覚で見えてくることは、学会の評価の一面性でしょう。”教授選では多くの人が、その人物より論文が載った雑誌のインパクトファクター(IF、雑誌の影響力を示す数値)を基準にする”(※1)のは、前者の典型例で社会的にもよく知られたことですからね。ここまでムダな努力であることに気が付かない人は、滅多にいないでしょうが、ここにチェック体制の甘さと論文の掲載数で評価する風潮が強い限り、このような事件はなくならないと言わざるをえないでしょう。

インパクトファクターで評価することを完全に否定するつもりはありませんが、教授という自分のところの「看板」を選ぶわけですから、論文がどれだけ社会に貢献しているかも少しくらいは調べるべきでしょう。昔みたいに自分ところの権力闘争だけで済めば、それでも良いかもしれませんが、今は否応なく大学自体がオープンな競争に晒されていますから。

この記事の関連リンク
論文捏造疑惑の元准教授、学会除名ではなく退会 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
日本麻酔科学会 重要なお知らせ
藤井善隆 - Wikipedia

総在庫数200万冊、ジュンク堂お急ぎ便

「『除名』じゃなくても村社会ですから」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

大丸ホームショッピングの【アウトレットセール】

日本航空 JALマイレージバンク

食品・日用品の通販なら【イオンショップ】

無料で保険の見直し相談はコチラ!

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する