QLOOKアクセス解析

現代徒然草

気になる出来事を徒然なるままに記したブログです。
プロフィール

くりむ翔

Author:くりむ翔
<Sex> Male
<BirthDay> August 31, 1971
<BloodType> B+
<趣味> 読書・スポーツ観戦・ブログ更新

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

The next version of Ubuntu is coming soon

価格.com ブロードバンド


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Web Shop 「つれづれ」(1)

「WebShopつれづれ」
Special Selection




















Google リーダー共有アイテム
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ
記事以外の質問・要望はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

5年目の311 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2016/03/11 22:30 ]

あの日の14:46を忘れない。

そして、東日本大震災が未だ現在進行形であることも。

スポンサーサイト

それ、忘れてた?(新国立競技場、聖火台の位置が未定) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2016/03/04 22:28 ]

私も気が付かなかったので、人のこと言えないんですけどね・・・

新国立競技場にまた問題発生である。今度は聖火台の場所が採用デザインですっぽりと抜け落ちていたというのだ。新国立は屋根が木造なので、近くには作れない。新デザインのコンペに勝った隈研吾氏は1月(2016年)の会見で、「聖火台の位置はまだ特定していません」とたしかに言っていた。

via: 全文表示 | 新国立競技場「聖火台」設置場所がない!?すっぽり抜け落ちてた採用デザイン : J-CASTテレビウォッチ

改めて調べてみると、どの「案」にもありませんでした・・・
ただただ呆れるのみですが、これが現実です。
ホントによくもまあ、こんな大事なもの、今まで気が付かずにいれたものです。

こんなありえない事態を引き起こした原因は、コンペが「新国立競技場」であったことのようです。目的がオリンピックなので詭弁でしかないですが、新国立競技場に聖火台は必要ないですからね。ミッドウェイ海戦と同様に、今回のことも「目標と目的」の不明確さがもたらした赤っ恥と言わざるをえないでしょう。

聖火台は何とかするのでしょうが、こんな基本中の基本に今まで気が付かないようでは、これからもマジで心配です・・・

「これで済むわけない・・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

課題残る確定(認知症事故賠償、家族に監督責任なしの判決) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2016/03/01 22:20 ]

改めて冷静に考えてみると・・・

愛知県で認知症の男性が電車にはねられ死亡した事故を巡る裁判で、最高裁判所は、「家族に監督義務があるかどうかは生活の状況などを総合的に考慮すべきだ」という初めての判断を示し、今回のケースでは監督義務はなかったとして家族の賠償責任を認めない判決を言い渡しました。

via: 認知症事故賠償訴訟 JRが敗訴 NHKニュース

これが妥当な判決だと思います。ただでさえも家族に犠牲を強いると言わざるをえない認知症介護に監督義務による賠償責任も加わるとなると、冗談抜きで拘束を第一に考えなくてはならなくなりますからね。それではブラックな介護施設のやるようなことを家族に強いるのと同じと言われても仕方がないでしょう。

今回は認知症の男性が死亡した事故なので納得ができますが、仮に認知症の方が事故の加害者で犠牲者が出たとなると、今回以上に難しいと言わざるをえないでしょう。同じだといえばそれまででしょうが、被害者の心理を考えると、そう簡単に納得できるはずはないですからね。

残念ながら、今回の判決は確定ではなく、道なき道の入口と言わざるをえないでしょう。止まらぬ高齢化社会を考えると、この程度で済むとは思えませんから。

「勝ったのは『保険屋』だけか・・・」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

これで一安心というか・・・(野々村被告、在宅起訴でも勾留) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2016/01/27 22:18 ]

初公判でこれだけ「期待?」に応えてくれたらなぁ。

政務活動費をだましとった罪などで在宅起訴された兵庫県議会の元議員、野々村竜太郎被告について、神戸地方裁判所は26日の初公判の後、拘置所に2か月間勾留する異例の措置をとりました。裁判所は、次回の裁判に出廷しないおそれがあるためとしていて、審理は今後、元議員の身柄を拘束したまま進められる見通しです。

via: 野々村元議員 在宅起訴でも拘置所に勾留 異例の措置に NHKニュース

ごめんなさい戦術で裁判を進めて、すんなり終わらせるのがベストの選択と思ったのですが、期待されたら応えずにはいられない野々村被告、やってくれました・・・
これではマスコミ、裁判で何しでかすかわからない「臭い」プンプンなので、絶対に忘れてくれません・・・

今回、在宅起訴にもかかわらず、異例とも言える拘置所勾留を決めた背景は、マスコミのパパラッチ理由として、再度裁判を延期させられることを防ぎたかったのでしょう。パパラッチ化したマスコミの愚行で不測の事態なんてことになったら、本当に目も当てられませんからね。裁判所としては、裁判をする限りは不測の事態なんてものはあってはならぬことなのです。その点、拘置所勾留ならば、安心して裁判まで隔離管理できますからね。

議員として選んでしまった西宮市民としては、コントになることなく、すんなり裁判を進めてくれることを祈るのみです。
ホントに肩身狭い思いするんですわ・・・

この記事の関連リンク
神戸新聞NEXT|連載・特集|元兵庫県議・野々村被告裁判|野々村被告「記憶ない」90回 初公判空転

当ブログの関連記事
これで「本題」は吹っ飛んだ・・・(野々村竜太郎県議号泣会見)

「検察、マジで後悔してるかも?」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

不祥事で信頼を得る(廃棄を依頼したカツ、廃棄業者が無断転売) 
過去の時事ネタ(社会)  [ 2016/01/14 22:14 ]

賞味期限切れを売るというのは珍しくない話ですが、廃棄を依頼された業者が無断でっていうのは初耳かも。

「CoCo壱番屋」を展開する大手カレーチェーンは異物が混入した可能性があるとして廃棄を依頼したビーフカツを産業廃棄物処理業者が不正に転売し、愛知県内のスーパーで販売されていたと発表しました。カレーチェーンではチェーン店以外で買った冷凍のビーフカツは食べないよう呼びかけています。
カレー専門店、「CoCo壱番屋」を展開する「壱番屋」の発表によりますと、不正に転売されたのは5枚入りの冷凍のビーフカツで、賞味期限が今月30日までの商品です。

via: 廃棄のカツ 産廃業者の転売でスーパーに 愛知 NHKニュース

事の発端は、たまたまチェーン店で働く従業員の発見によるものですが、その後の迅速かつ適切な対応は賞賛に値するでしょう。11日に発見して、12日に県に通報、13日に発表というスピードは、本当に迅速かつ適切ですからね。またスーパーで自らで使う製品が転売されているのを見分けることができたという点も、従業員の質の高さを証明しているのです。

確かに、今回は壱番屋に「落ち度」がなかったという面もありますが、不祥事というものは、それに対応すべく準備ができていなければ、容赦なくより悪い事態に堕ちて行くタチの悪いものなので、壱番屋にそれに対応すべく備えができていたという点だけは評価すべきでしょう。

できることなら、不祥事は避けたいものですが、適切な対応をすればプラスに作用するケースもあるということでしょう。だいたい余計な心理が邪魔するので、「たまには」のレベルでしょうが・・・

この記事の関連リンク
CoCo壱番屋の信用上がった? 廃棄冷凍カツの転売騒動で迅速な対応 - ライブドアニュース
廃棄カツを業者が横流し 壱番屋製、愛知で5405枚販売:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

「『氷山の一角』なんかなぁ」と思う方は click click!!
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ